日本の道に最適なサイズ!フォルクスワーゲン 新型「T-Roc」発表

Volkswagen

フォルクスワーゲンより、クロスオーバーSUV 新型「T-Roc」が発表された。キャッチコピーは「All My T-Roc」。普段使いはもちろん、長距離ドライブなどのあらゆるニーズにきちんと応える「T-Roc」の特徴を表している。

フォルクスワーゲンの生産モジュール“MQB”の採用による、日本の道路環境に最適なボディサイズと、コンパクトなサイズながら広い室内空間を実現。パワートレインは 2.0 TDI エンジンを採用し、上級モデル譲りの先進安全装備を全グレード標準装備している。力強いデザインや見晴らしの良さといったSUVの魅力に、街中での取り回しの良さやスポーティな走りといったハッチバックの魅力が合わさったクロスオーバーSUVである。



さらに、全9色のボディカラーと、フォルクスワーゲンSUV初採用となる2トーンカラーが魅力を高める。グレードに応じてブラックまたはホワイトのルーフカラーを組み合わせることも可能だ。また、「T-Roc TDI Style Design Package」で、ボディカラーがターメリックイエローメタリックもしくはラヴェンナブルーメタリックを選んだ場合は、インテリアもボディカラー同色系のイエローもしくはブルーにカラーコーディネートされる。



全長・全幅は、4240mm、1825mmとフォルクスワーゲンのハッチバックモデル ゴルフに近いボディサイズとなっている。また、コンパクトなボディサイズで ありながら、広々とした居住性とクラストップレベルの445リッターの荷室を有している。さらに、後席のシートバックを倒せば最大1290リッターという広大な空間になるなど高い実用性も持ち合わせている。

ポップで使いやすい、コンパクトSUVを求めていた人に最適な一台であろう。



価格(税込)
TDI Style :384万9000円
TDI Style Design  PKG:405万9000円 
TDI Sport :419万9000円 
TDI R-Line :453万9000円 

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事