ヴァレンティノ ガラヴァーニとオニツカタイガーのコラボレーションスニーカー発売

オニツカタイガーは、ヴァレンティノ2020年秋冬メンズコレクションにて発表されたヴァレンティノ×オニツカタイガーコラボレーションモデルの限定スニーカーを7月17日(金)に発売した。また、今回の新作には2020年1月にパリで行われた、ヴァレンティノの2020年秋冬メンズコレクションにて発表されたカラーバリエーションの他に、日本のみの取り扱いとなる限定カラーも加わっている。
 
今回のコラボレーションで誕生したのは、オニツカタイガーのアイコンモデル「MEXICO 66™ SD」を、ヴァレンティノのクリエイティブ ディレクターであるピエールパオロ・ピッチョーリが再解釈し、デザインを施した限定モデル。アッパー外側のオニツカタイガーストライプの上に大胆にデザインされ、手作業でプリントされている「Vロゴ」がアクセントになっている遊び心あるファッションアイテムだ。
 
シュータンには今回のコラボレーションのために作成された、両ブランドのロゴが施された特別なラベルを採用しており、中敷にも双方のブランドロゴがデザインされている。また、ミッドソールのかかと部分にクッション性に優れた素材を使用し、アウターソールには耐久性とグリップ性に優れた独自の素材を採用しているという。


価格:各色5万8000円(税別)
 
カラーバリエーションは、ランウェイに登場した「WHITE-ホワイト」「SHOCKING ORANGE-ショッキングオレンジ」「SAFETY YELLOW-セーフティーイエロー」「HOT PINK-ホットピンク」の全4色。また、オニツカタイガーでは、ブランドのアイコンである“トリコロールカラー”の限定モデル「WHITE/DIRECTOIRE BLUE - ホワイト×ディレクトワールブルー」を、オニツカタイガー表参道、銀座、難波、公式 オンラインストアにて展開中だ。

更に、日本限定カラー「WHITE/CLASSIC RED-ホワイト×クラシックレッド」も用意されている。こちらはヴァレンティノ 銀座、表参道、阪急うめだ、阪急メンズ大阪、松坂屋名古屋、福岡岩田屋、公式オンラインストアと、オニツカタイガー表参道、 公式オンラインストアでのみの取り扱いとなる。なお、日本限定カラーの売り上げに関しては、コロナ禍の影響で困窮した子育て家庭を支援するNPO法人キッズドアへ寄付されるという。

RECOMMENDEDおすすめの記事