グッドウッドが新たなイベントを発表│世界中に配信する「スピードウィーク」

goodwood

グッドウッドは、フェスティバル・オブ・スピード、リバイバルと2020年度の開催を中止しているが、新たに"スピード・ウィーク"というイベントを開催すると発表した。

このイベントは、フェスティバル・オブ・スピードとリバイバルの組み合わせといわれているが、リアルな場に観客を集めるのではなくライブ配信によって世界中に届けられる。スーパーカーデモンストレーション走行、新車発表、次世代のテクノロジー、オンラインオークションなどが行われる。

グッドウッドジムカーナでは、これまでは制限されていたエリアが利用されるため、観覧者は圧倒されることだろう。主催者によると、グッドウッドのラップ記録は55年間変わっていないが、スピードウィークでは最新のマシンが導入されるため、その記録が塗り替えられる可能性がある。



「今年、フェスティバル・オブ・スピードとリバイバルを開催しないという残念な決断を下したため、どうにかしてモータースポーツをグッドウッドにもたらす方法を見つける決心をしました。スピードウィークは一生に一度の機会になるでしょう」とリッチモンド公爵は語った。 

スピードウィークは10月16日~18日に開催される。さらなる情報を楽しみにしよう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事