外でのくつろぎ空間にいかが?見た目は70年代、中に入ってみると現代の設備

craigslist

このトラベルトレーラーが最初に製作された1973年にヒットアルバムを発表した歌手 ロベルタ・フラックにちなんで"ロベルタ"と名付けられた29フィートのエアストリームインターナショナル。見た目は70年代初頭のままだが、その内部を覗いてみるとロベルタは完全に現代の設備を備えた一台へとレストアされている。

"ロベルタ"は、ニューヨークのアコードにあるハドソンバレー・エアストリームを運営する夫婦であるエド・ポトカーとエイミー・ローゼンフェルドが製作したものである。メカニカル系もすべて新しくされ、環境に優しいロックウール断熱材、PEX配管で再構造された。新しいヒッチによって動かせるようになっているが、固定のキャンプ場または永続的な使用を想定して改修が行われている。貯蔵タンクはないが、電化製品は揃っている。





特筆すべき点は、とても広いリアのバスユニットであろう。トイレ、シャワーはもちろんのこと、フルサイズベッド(キャスパーマットレス付き)、キッチン、マホガニーのカウンタートップ、ソファと居住空間としては充分な設備が整っている。

現在、この一台は9万7000ドルで販売されている。普段とは違う空間を楽しむために最適な車だろう。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事