グランドセイコー|機械式時計製造施設「グランドセイコースタジオ 雫石」オープン  

セイコーウオッチ株式会社は、2020年7月20日、岩手県雫石町 盛岡セイコー工業内に腕時計ブランド「グランドセイコー」の機械式時計を製造する新施設「グランドセイコースタジオ 雫石」を開設した。現地で行われたセレモニーでは、スタジオから初めての新製品出荷となるグランドセイコー「メカニカルハイビート36000 80 Hours」を搭載した新モデルが公開された。
 

メカニカルハイビート36000 80 Hours

本施設は、ブランドの歴史や機械式時計のしくみなどが学べるショールーム、組み立て体験イベントなどを開催するスタジオセミナールーム、そして岩手山を望む2 階のラウンジなど、グランドセイコーの世界観を体感することができる機能を備えている。また、ラウンジには、グランドセイコー初のコンセプトモデルが限定展示され、スタジオのオリジナルモデルを販売するショップコーナーも併設している。


グランドセイコースタジオ 雫石
住所:岩手県岩手郡雫石町板橋61 番地1


なお、スタジオは完全予約制での一般公開を予定しているが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間の一般公開は見合わせている。今後、予約受付の開始時期については、グランドセイコー公式Web サイトにてアナウンスされていく予定だ。
 
オープンに際して服部真二会長 兼 CEO は、以下のようにコメントしている。
「ここは匠たちの日々のものづくりの場、そして次世代育成の場として最適な環境だと思っている。 THE NATURE OF TIME というグランドセイコーのブランド哲学を体現する場として、また、機械式時計の聖地として世界に発信する施設にしたい」
 
巧みの技を近くで感じながら、素晴らしいプロダクトたちをゆっくりと眺めてみたいものだ。一般公開が待ち遠しい。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事