26年前に盗まれたフェラーリが川の底で発見される│復元はせず作品へ

De Ooyevaar Autodemontage

1994年、オランダでフェラーリ・モンディアルが盗まれるという事件があった。警察も解決できないまま時が過ぎていたが、26年経ち奇跡的にそのモンディアルが発見されたというのだ。

発見のきっかけとなったのは、消防署の潜水トレーニングだった。7月8日、訓練中のダイバーが川の底に沈むウェッジシェイプの何かを発見し、警察、オランダ軍までもが出動し、その何かを引き上げたところフェラーリ・モンディアルであったのだ。

VIN番号を盗難車のデータベースと照合することにより、このフェラーリを1994年の事件に関連付けることができた。 車はその法的所有者である保険会社に引き渡され、その後スクラップ業者に送られている。



スクラップ業者のLowie van DE Ooyevaarは「まだいくつかの残っている部品はありますが、飾っておくような芸術のためのものです。バラバラにされたモンディアルからテーブルを作りたい人から、すでに多くのリクエストを受けています。 エンジンブロックやガラスプレートを使用します」 と話している。

当面の間は具体的な販売は考えておらず、オブジェのような存在としてスクラップ業者が保管するとのことだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事