世界中からオンラインで楽しめる│ピーターセン・カーウィークのスケジュール発表

Petersen museum

ピーターセン自動車博物館は、2020年8月12〜16日にピーターセン・カーウィークを開催する。1週間にわたるイベントには、25時間を超えるオリジナルコンテンツが含まれる。
 
この期間は毎日オンラインで、メーカー、コレクター、自動車のライフスタイルイベント、オークションハウスのオリジナルコンテンツを見ることができる。動画は1時間のエピソードに分割され、ピーターセンのYouTubeチャンネル(www.youtube.com/user/petersenmuseum)でプレミア上映される。
 
8月12日水曜日–午前10時〜午後6時30分PT
モントレー・カーウィークの伝統に従い、水曜日はマッコールのモーターワークス・リバイバルによってキックオフされる。Gunther WerksとBMWが車両をデビューさせ、Donut Media、The Torque Show、およびTop Gear BBCがこれまでに見たことのないビデオコンテンツをプレミア公開予定。
 
8月13日木曜日–午前8時〜午後1時PT
木曜日には、2020年に最も期待される車両の1つであるゴードン・マレーデザインのT.50スーパーカーが登場。この日は、Classiccars.comが主催するフューチャー・コレクターカー・ショー、いくつかのプライベートガレージツアー、およびコルベットC8に関するタッジ・ジュヒターとの独占ディスカッションも行われる。
 
8月14日金曜日–午前8時〜午後5時10分PT
金曜日は、レジェンド・オブ・アウトバーン、ポルシェ・オーナーズクラブ・オブ・アメリカ、およびクエイル・モータースポーツ・ギャザリングが主催する3つのバーチャルカーショーがハイライトとなる。この日は、新しいケーニグセグ・ジェメラと2021年のBMW M8のウォークアラウンドも行われる。ガレージ、工場見学はRUFとHREホイールによって実施される。
 
8月15日土曜日–午前8時〜午後4時30分PT
土曜日には、2つのバーチャルショー(コンコルソ・イタリアーノとエキゾチックス・オン・ブロードウェイ)が含まれ、ソノマ・スピード・フェスティバルとウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカでモータースポーツの歴史を祝う。ソノマ・スピード・フェスティバルは、2019年のイベントからPOVトラックの映像を公開する。ラグナセカは、「A Lap Through the Ages」を初公開し、レースのさまざまな時代の有名なサーキットをフューチャーする。
 
8月16日日曜日–午前6時〜午後2時15分PT
日曜日には、ピーターセン・コンクールデレガンスが行われる。アメリカン・クラシックオープン&クローズド、ヨーロピアン・クラシックオープン&クローズド、フェラーリGT、戦後のスポーツカー、ムービーカー、オフロード、ホットロッド、シューティングブレークなど注目のクラスをハイライト。フォードはフォードGTを発表する。ピーター・マラン、デニス・ヴァーニ、デビッド・リー、バリス・カストムズはガレージツアーを行う。
 
ピーターセン自動車博物館のエグゼクティブ・ディレクターのテリーL.カルジェスは、「ピーターセン・カーウィークが間近に迫っているいる中、モントレー・カーウィークの本質を実質的にとらえるのを支援してくれたパートナーに感謝したい。私たちが知っている愛する8月のイベント、すべての情熱と魅力をお届けします」とコメントした。
 

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事