意外と速い「小さな怪物」?! │現存2台 空飛ぶ円盤のようなマイクロカー

historics

あまり知られていない、「小さな怪物」、トゥレット・シュープリームをご紹介。

このトゥレットは、1956年から1958年の間にロンドンのカー・ブラザーズ・オブ・パーリーが製造したマイクロカーである。1956年11月のアールズコート・モーターショーで最初に展示された。197cc のヴィリヤーズ製2ストロークエンジン、4段ギアボックスを搭載し、最高時速は88kmに達するといわれている。



ベンチシートは、大人2名で乗るには少々窮屈だろうが1人で乗る分には問題ない。さらに、座席の後ろには少しながらも荷物スペースもある。合計で26台が生産されたといわれているが、現存しているトゥレットは2台のみといわれており、極めて貴重な車だ。



そのうち1台が2016年のオークションに出品された際は、推定落札価格を上回る3万1360ポンドという値段が付けられた。実動可能で、オプションとしてリバースギアも備えられている一台。加えて、長年プライベートコレクションで大切に保管されてきていたため、コンディションも良好である。世界中に存在するマイクロカーのコレクターや愛好家は、このような車の希少性を高く評価するのである。次はいつオークションに登場するか分からないが、世界中のコレクターが待ち望んでいるだろう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事