ギネスブック認定「世界一長いホール」が伝えたいメッセージ

「皐月ゴルフ俱楽部 佐野コース」(PGM) OUT NO.7 PAR7 964ヤード

普通のコースならば、少々長めのロングホールでも、セカンドショットまたはサードショットでグリーンがはっきりと見えるものだ。ところが、「皐月ゴルフ倶楽部 佐野コース」の名物ホールであるアウトコース7番ホールは、平均的な飛距離のゴルファーの場合、サードショットを打ってもまだグリーンは小さく遠くに見えるという。

1148805_499912913426995_595116066_n.jpg

このとんでもない「超」ロングホールは、964ヤードPAR7というギネスブックにも認定された、文字通り世界一長いホールだ。3Wでも300ヤードを飛ばすPGAツアーのプロならば、3オンや4オンが可能だが、一般のアマチュアゴルファーならば6オンすれば御の字と思われるかもしれない。

しかしながら、距離を嘆くのは暫し待つべきだろう。そもそもゴルフは、コースとプレーヤーの戦いであり知恵比べのスポーツである。つまり、ゴルフはコースからのメッセージを受け止め理解し、求められているショットをきちんと打てるかどうかで決まるのだ。

16105614_1244008109017468_1302057889921657104_n.jpg

それでは、このコースからのメッセージとは?それは、正確なロングレンジのショットを打ち続けられるスキルを身につけることだ。単純計算をすれば200ヤード前後のショットを5回打てばパーオン(5オン)できる。ただし、それは5回もミスすることなく打てることが前提となっている。これこそが、まさにコースからのメッセージだろう。

1234292_501639879920965_1479915097_n.jpg

腕自慢のプレーヤーも、とにかくゴルフが好きでたまらない方も、そのゴルフ人生で一度はチャレンジする価値のある世界一の長いホールが、「皐月ゴルフ倶楽部 佐野コース」に存在する。

327-0305 栃木県佐野市船越町3183
TEL:0283-62-4141 FAX:0283-62-6212
http://www.pacificgolf.co.jp/sano/

RECOMMENDEDおすすめの記事