マツダ初の量産EVモデル MX-30を今秋国内に導入

Mazda

マツダは、マツダの新世代商品群の第3弾であるコンパクトSUV マツダ MX-30を、日本国内に今秋導入すると発表した。

MX-30は第46回東京モーターショー2019にて、マツダ初の量産EVモデルとして世界初公開されたた。このたび新たにラインアップに追加するマイルドハイブリッドモデルは、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」にもとづき、地域ごとに最適な動力源を適用するマルチソリューション戦略の一環として、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID (エム ハイブリッド)」を組み合わせた「e-SKYACTIV G (イー・スカイアクティブ・ジー)」を搭載する。これにより、静かでスムーズな発進と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を実現。また、EVモデルは、今年度中にリース販売を開始する予定である。



MX-30は、自動車の常識にとらわれることなく、新しい価値の創造に挑戦した、人と車の新しい関係を提案するものである。デザイン、解放感のある室内空間、自然由来のインテリア素材、ユーザーが自由な発想で多彩な楽しみ方を創造していただけるフリースタイルドア。これらを通じて、ユーザー自身が自由な発想で、車の多彩な楽しみ方を創造し、より自分らしく過ごせる空間を提供するのだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事