ポルシェの革新的な挑戦│トランスアクスルレイアウトが誕生するまで

Porsche AG

それは類をみないスポーツカーだった。エンジンはフロントに搭載され、トランスミッションはリアに搭載されている。その間に確保された広いキャビン、ポルシェ 924はトランスアクスルレイアウトの  気筒スポーツカーとして発表され、世界中を驚かせた。当時の広告には “Familien-Sport-Kombi(ファミリー・スポーツ・コンビ)” という謳い文句が踊っていた。

さらにポルシェは924の発表から1年後、“フロント・エンジン+リア・トランスミッション” という黄金の方程式を捉えた8気筒グランツーリスモ “928” を世に送り出した。それは 「近未来的なハイパフォーマンス・スポーツカー」、「高性能なスポーツカー」、「快適性を追求したラグジュアリー・クーペ」、「利便性に長けたユーティリティ・ハッチバック」 であった。

「トランスアクスル」とは元来、“トランスミッション” と“アクスル” を組み合わせた造語で、エンジンの駆動力とリアアクスルを円筒で包んだドライブシャフトでつなぎ合わせた駆動レイアウトを意味する。このコンセプトは、電気制御のない時代にとって革新的なものであったのだ。

続いて導入された2種類のトランスアクスルモデル、924と928 は、その優れた重量配分と前衛的なデザインを武器に、リアにエンジンを搭載した911と並んでスポーツカーの最高峰に君臨した。約20年間にわたってカタログにラインナップされ、924の後継モデルである944、968を含めて最終的に約40万台が生産され、1995年にその幕を閉じた。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事