スイス3大高級時計ブランドの元チーフデザイナーが立ち上げた「Gorilla」より初のジャパンエディションが発売

これまでになかったハイパーパフォーマンス時計をコンセプトに、スイス3大高級時計ブランドで活躍したデザイナー Octavio Garcia(オクタヴィオ・ガルシア)、 Lukas Gopp(ルーカス・ゴップ)らが立ち上げた時計ブランド『Gorilla(ゴリラ)』。車と時計の相通ずる情熱、そして過激すぎないギリギリの極限美、また、高級時計デザインの血統をしっかりと引き継ぎながらも最先端の素材を使った究極な組み合わせを取り入れた本ブランド。腕に着けられるため、人に見られるために綿密に計算された設計で、一度着けたら虜になる、すなわち「創造的破壊型」の時計づくりをコンセプトとした個性的なブランドだ。
 
今回発売されたジャパン・エディションは、最先端のクルマ文化を発信し続ける東京に敬意を表した2020年特別限定品 世界250本限定モデル “LEGACY TOKYO”。日本先行でのリリースとなる。
 
本モデルは1964年の東京五輪を契機に「戦後復興」を世界に示し、目覚めしい成長を遂げた東京へのオマージュだ。
迫力のチューニングカーやドレスアップの独自のカスタム文化。映画の「ワイルド・スピード×TOKYO DRIFT」を通じて、日本発祥のクルマ文化であるドリフトは世界へ発信され、FIAの正式競技となったことなど、車文化に対しても敬意を示しているという。赤色でリング輪状の中央ディスクは日の丸をイメージさせるデザインとなっており、インデックス部分の“20”は2020年の記念モデルとして特別にゴールド色調となっている。



FASTBACK GT COLLECTION
LEGACY TOKYO (レガシー東京)
ケースマテリアル:チェッカーフラッグ柄のフォージド・カーボン、アノダイズド・アルミ、チタン、セラミック/コーデュラとバイトン・ラバーのハイブリッドストラップ、レッドスティッチまたはバイカラー・バイトン・ラバーストラップ (別売)/チタンバックル/キャリバー:Miyota 90S5 自動巻き(パワーリザーブ42時間)/ファンクション:時針、分針、秒針/防水機能100メートル/330フィート/10ATM/ケース幅:44mm、48.5mm (クラウンガード含)厚さ:13mm/サファイア・クリスタル:両サイド反射防止加工、耐スクラッチ/クラウン:スクリュー・ダウンによる防水機能/ウェイト:110グラム(ストラップ、バックル含)/世界限定250本/日本先行発売
価格:19万8000円(税別)
発売日:2020年7月31日(金)日本先行販売

 
なお、今回の特別限定品“LEGACY TOKYO”の日本での収益の一部は、新型コロナウィルスの感染防止に向け、最前線で働く東京都内の医療現場の物資購入等に活用いただくため、東京都福祉保健局の「守ろう東京・新型コロナ対策医療支援寄付金」へ寄付される。

RECOMMENDEDおすすめの記事