アメリカ国外で初開催!世界有数のコレクションオークションがイギリスで実施へ

今年9月には、コンクール・オブ・エレガンスが美しいハンプトンコート宮殿で開催される。

4月に予定されていたGooding&Companyの「Passion of a Lifetime」オークションがこのコンクールの一部として開催される。Gooding&Companyがアメリカ国外でオークションを開催するのはこれが初めてである。

このオークションのハイライトは、1934年 ブガッティ・タイプ59スポーツと1961年 アストンマーティン DB4 GTザガート。DB4 GTザガートは極めて高く評価されているモデルであり、アストンマーティンはそのモデルを復刻させたのであった。



他には、1955年 アストンマーティンDB3S、1927年 ベントレー 3.0リッター スピードモデルスポーツツアラー、および1971年 ランボルギーニ・ミウラP400 SVスペシャルが含まれている。高い推定落札価格がつけられている車は、ブガッティ・タイプ59 スポーツで、1000万ポンドを超えると予想されている。DB4 GT ザガートは、700万ポンドから900万ポンドの推定落札価格となっている。

コンクール・オブ・エレガンス CEOであるジェームス・ブルックスワードは、このコレクションのレベルの高さを認めている。「2020年最大のオークションをハンプトンコート宮殿で開催できることを嬉しく思います」とコメント。

Gooding&Company CEOのデイヴィッド・グディング氏は「Passion of a Lifetimeオークションを開催することは"大きな名誉"です。これらのコレクションが新しい家を見つけることに、世界中が注目しています」と話している。



コンクール・オブ・エレガンス2020は9月4〜6日に開催され、約1000台の車が展示される。オークションに出品されている15のクラシックカーも展示されるとのこと。オークションは9月5日に実施される。オンラインでライブオークションを見ることも可能だ。

RECOMMENDEDおすすめの記事