ザガートが手がけたエレガントなフェラーリ348がオークションに出品

この洗練されたフェラーリは、その長い歴史の中でもマイルストーンと考えられている。伝説的なコーチビルダー ザガートによって製作されたカスタムコーチワークを備えた1991年 348である。

ザガートは同モデルを10台製作しているが、オークションに出品されるこの一台が最後に作られた。シルバーのエクステリアにブラックのインテリアが組み合わされたエレガントさを持ち、新車以来、走行距離は3万km強しか刻んでいない。



ザガートのスタイリングの見事なアートワークは、ボディ全体をアルミニウムにしたこの348にはっきりと表れている。 ザガートはバンパーの代わりにザガートらしい空気力学を考慮した独特なデザインを取り込んだ。車の側面には、冷却を強化させるための大型エアダクトを備えている。リアのスタイリングには、V8エンジンを誇らしげに見せる斬新な透明ガラスパネルを備えたエンジンカバーの再設計が含まれていた。

特徴的なトリプルテールライトデザインと電子操作のリアスポイラーも、ザガートが手がけた一部である。おそらく、この348の最高の特徴は、ザガートを定義する要素のひとつであるダブルバブルのルーフラインであろう。 エンジンやトランスミッションなどは、フェラーリのオリジナルを備えたままである。



フェラーリとザガートが見事にコラボレーションしたこの348は、低走行、極上コンディションということもあり、世界中のコレクターから羨望の眼を向けられるであろう。推定落札価格は22万5000ドル~27万5000ドルとなっている。 

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事