趣味人に!シューティングブレーク仕様のアストンマーティンDB6

Bonhams

ミドルトン・ジョージ・チャールズ "ミディ" トレインという狩猟とゴルフが趣味であった人物が、アストンマーティンに注文し製作されたシューティングブレーク仕様のDB6がオークションに出品される。

この一台を注文する際、可能なオプションはほとんどが要求されたようだ。シャシーナンバーは「SB」が付けられ、エンジンはヴァンテージスペックの高性能バージョンが搭載されている。トランスミッションはオートマチックトランスミッションである。インテリアはコノリーの最高級ブルーグレーレザーが採用され、両方のシートに取り外し可能なヘッドレスト、シートベルト、Bosch Kolnラジオが装備されており、エアコンも備えられていた。ルーフの上には、ラゲージラックも搭載されている。



ペンシルベニア州のデイビッドL.ヴァンシェイクが、1976年10月6日にこのDB6を購入した。彼が所有している間、とても大事に使用されていたこともあり、走行距離は5万マイル未満を刻んでいる。彼が亡くなって以来、車はマルバーンのヴィンテージモータースポーツ社のマイケル・ペヒシュタインによってチェックされてきた。コンディションは、塗装の剥がれや、インテリアにも経年劣化が見られるが、ほぼオリジナルを保っている。内機系の状態は非常に良いとのことだ。



趣味人に手に入れていただきたいシューティングブレーク仕様のアストンマーティンは、約1億1000万円~1億3000万円の推定落札価格が付けられている。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事