不遇のフェラーリ 857Sの貴重な資料集│短くもドラマチックなレースシーズン

マニアックで幅広い、車・バイクの書籍を扱う代官山蔦屋書店 クルマ・バイクコーナーの新入荷書籍をご紹介。

Ferrari 857S - The remarkable history of 0578M 
1953年に始まったスポーツカー世界選手権の手強いライバルに対抗すべく、12気筒エンジンをトルク不足から見限ったフェラーリは、名エンジニアA・ランプレディ製作の直列4気筒エンジンの搭載を決断した。

選手権連覇を果たし55年に進化したマシンは857Sと呼ばれ、排気量を拡大しシリーズに臨むが、突如登場したメルセデス300SLRら強敵を相手に、過酷な戦いを強いられるのだった。本書はその中の1台、シャシーNo.0578Mの短くもドラマチックなレースシーズンに注目した専門資料集である。



地元モンツァのM・ホーソンによるデビュー戦からヒルクライムやタルガ・フローリオまで。ル・マン出場こそ控えたもののE・カステロッティやA・デ・ポルターゴなど一流ドライバーを揃えた伝説的シーズンは注目に値する。

翌年の米国転戦やワークス終了後の豪州や北欧など、戦場を求めた流転の歴史もプレイバック。シリーズ好評フォトギャラリーは24頁を数え、この希少車のスカリエッティ作らしい曲線持つ伸びやかなスタイリングを、又と無い程しっかり堪能できるだろう。

価格:6160円(税込)
商品購入ページはこちら

RECOMMENDEDおすすめの記事