ぶつけたことがきっかけ?探し続けていたポルシェ 356 Pre-A スピードスターを入手

Porsche AG

カリフォルニアに住むコレクターである、マット・ハンメルは、356に根強い執着を持っており、非常に独創的で古くからあるさまざまなクーペやカブリオレをレストアしながら楽しんでいる。彼が長年求めてきたのは、「Pre-A」スピードスターであった。

「Pre-A スピードスターを長い間探していましたが、1954年のモデルが本当に欲しかったのです」とハンメルは説明する。「たった200台のみ生産されたので、見つけ出すのが本当に難しかったです」

オレゴンを拠点とする整備士が、ある年配の紳士から初期のスピードスターのアプローチを受けた。ハンメルがその一台を見たとき、一目惚れだったという。レストアされておらず、珍しいシルバーであった。いくつかの調査により、最初のプロトタイプは別として、この一台は唯一のシルバーで生産されたPre-Aスピードスターであることがすぐに明らかになったという。彼は、所有者とその妻が冬にフロリダに向けて出発する少し前に暫定的な申し出をした。



「私が持っていた2台のポルシェと、いくつかの珍しいパーツと必要のないオートバイを売りに出して資金を作りました。所有者は1964年に車を購入し、それ以来大事にしてきました。家族の一員であり、彼が簡単に手放すことができるものではありませんでした彼の人生の重要な部分であったのです」

 「しかし、彼はスピードスターを自分のトラックの後ろに駐車したら、ブレーキをかけるのを忘れてフードを凹ませてしまったのです。彼はそれを凹ませたことを妻に知られたくなかったようでした」

それから、すぐにオレゴンに戻り、正式に契約が成立した。フルレストアを受けたことはないが、代わりに長年にわたって交換部品と塗装で注意深く維持され、ある時点でインテリアカラーがオリジナルのレッドからブラックに変えられている。



「私は1964年からすべての書類と領収書を持っているので、所有者が行ったすべてのことを記録しました。彼がこのスピードスターを大事にしてくれたのはとても幸運です。私はすでにレシートの追加を始めており、長年にわたって尊敬されてきた車を受け継ぐことができてとても嬉しいです」とハンメルは話す。

「何年にもわたって、テールライト、新しいシフトノブ、イグニッションスイッチなど、多くのオリジナルパーツが変更またはアップグレードされてきました。オリジナルのパーツを用いながら元に戻しています。絵画や何かを復元し、細部をすべて元に戻すような感覚です。古いポルシェを元の栄光に戻すのが大好きです」と彼は話してくれた。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事