自然が美しい南ドイツを貴重なポルシェでドライブ!

Porsche AG

フォトグラファーであるステファン・ボグナーの最新の作品「Curves Southern Germany」では、ブラックフォレストから南東バイエルンまでの素晴らしいルートを写している。

「この作品のために南ドイツを旅することは、特別でお祭りのような気分です。南ドイツは私たちの本拠地であるからです。私たちはこのエディションを非常に長い間楽しみにしてきました」と、「Curves」誌を制作するボグナーはいう。



以前、アメリカ、タイ、ヨーロッパの多くの美しい場所の素晴らしさを示したボグナーと彼のチームは、その後の行き先を決めるまでしばしの時間を必要とした。「しばらくの間、ドイツのこの地域に興味を持つ人がいるのかという疑問を抱いていました。タイに地中海、さらにはビーチがあるときに、誰がボーデン湖を訪れたいですか?スイス、南チロル、スコットランドがあるのになぜバイエルンなのか?」「誰もが自分の国には慣れているので、特別には思いません。しかし、実際にはそれは信じられないほど美しく、魅惑的であることに気づいたのです」

こうして、彼はブラックフォレストがいかに魔法的であるかを再確認した。アルゴイとシュヴァーベンがいかに豊かで魅力的、活気に満ち、多様性があるか。壮大でワイルドで、素朴でエキサイティングな土地こそがバイエルンだったのだ。



「私は見る人を刺激し、感動させ、地元の視点を提示したかったのです。私たちは私たちの家を誇りに思っています」とボグナーは説明した。

そんな彼が地元の魅力をポルシェと共に写した写真をこちらよりじっくりとご覧いただきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事