アジア初の会員制ドライビングクラブ THE MAGARIGAWA CLUBが2022年末に開業予定

CORNES

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、会員制ドライビングクラブ“THE MAGARIGAWA CLUB”を2022年末、千葉県南房総市に開業することを目指し、今春着工している。コンセプトは「どのサーキットにも似ていないコースを持つ、世界に唯一のドライビングクラブ」。

東京都心や羽田空港、成田空港から車で約1時間の立地で、富士山と東京湾を望みながら運転を心から楽しむことができる会員制のドライビングクラブとなる。コースは全長3.5km、クラブハウスにはレストランやバーラウンジ、トレーニングルーム、天然温泉、スパのほか、家族連れでも楽しめるファミリーラウンジが備えられ、有意義なひとときを過ごすことができる。また、広大な公園やドッグラン、トレッキングコースも併設され、様々なアクティビティを楽しむこともできるのだ。



MAGARIGAWAの名称・シンボルマークは、建設地の地形・自然の特徴を表す「巛(マガリガワ)」という漢字をモチーフにしている。MAGARIGAWAの豊かな自然、風土、流れる時間に身を任せる。まさにMAGARIGAWAの自然と一体となった、唯一無二のクラブでありたいという想いが込められている。

コースデザインはF1サーキットの設計を一手に引き受けるTilke Engineers & Architectsが行った。日本で初めてゼロからデザインをし、まるで峠道のような上り20%、下り16%勾配、未知のスピードを体験できる800mのストレートを持つ、世界でも類を見ないチャレンジングかつ安全に走りに集中できるコースとなる。

会員それぞれの愛車で走行が可能で、走行用の車両保管と走行前後の車両メンテナンスサービスも行われる。また、プロドライバーによるプライベートレッスンを受けることができ、愛車の秘められたポテンシャルを安全に体験することもできる。ピットビルディングには最大36台のピットインが可能となり、空調設備を完備するほか、給油ステーションや専属のサービスマンによる走行前後の点検で快適な走りをサポートする。

クラブハウスは日本の伝統建築とモダンの要素を融合したデザインとなり、ドリンクを片手にくつろげるバーラウンジやコースを走る車を眺めながら食事ができるレストラン、お子様が安心して遊べるファミリーラウンジを備える。さらに、アウトドアタイプの遊び場や、ドッグラン、自然の中を歩いてピクニックもできるトレッキングコースなど、様々なアクティビティも併設。また、フィットネスジムや25mプール、スパ、天然温泉で体を休めリラックスすることもできる。



オーナーズパドックおよび長期保管ガレージでは、2台から4台まで駐車可能なプライベートパーキングとダイニングスペースに、広々としたリビングやテラスを備える。また、愛車を最適な環境で保管するために、長期保管ガレージを作り、車両の保管に適した温度・湿度に整え、セキュリティ万全な空間の中で熟練のメカニックの手により、愛車をいつでも走行可能かつ最適な状態に保つことができる。

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド代表取締役社長 渡 謙作氏は、「THE MAGARIGAWA CLUBは車好きにとっての第二の故郷のような場所になるでしょう。自動車に対する熱い思いを共にする友人たちや家族と最高の時間を過ごせる「聖地」とも言えます。800馬力超のスーパーカーをどこでドライブするのか?長年答えのなかったこの問いへのアンサーでもあります」とコメントしている。


施設概要
【名称】THE MAGARIGAWA CLUB
【所在地】千葉県南房総市
【オープン日】2022年末予定
【敷地面積】約100万㎡
【コース設計】全長3.5km、上り20%、下り16%勾配、ストレート800m、コーナー22、標高差250m
【アクセス】車で東京都心および羽田空港から約1時間
【URL】www.magarigawa.com
【イメージ動画】https://youtu.be/lYR3ngyCK3E

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事