「ティファニー 1837™ メイカーズ」から、東京限定アイテムが登場

2020年夏、ティファニーが誇るクラフトマンシップへの飽くなき献身とアメリカを代表する正統派ジュエラーの伝統を称える「ティファニー 1837™ メイカーズ」から、東京限定のペンダントとキーホルダーが登場した。

ティファニーのアーカイブからインスピレーションを受けた「ティファニー 1837™ メイカーズ」。ティファニーのクラフトマンシップのヘリテージを体現したコレクションは、ホローウェアの自社工房から着想を得ている。「T&CO MAKERS」、「NY」、「AG925」などのシンボルを刻印した「ティファニー 1837™ メイカーズ」の製品は、ティファニーの銀細工の伝統を受け継ぐとともに、ティファニーがアメリカのスターリングシルバー(銀の含有率925/1000)の基準を設定したという事実を物語る。

そんな刻印が施されたアイテムは、シンプルでダイレクトな魅力を放ち、その根底には卓越したクラフツマンシップの伝統が息づいている。大胆で自信に溢れ、カジュアルでありながらも洗練されたセンス。クオリティを見極める確かな目を持った、スタイルのある男性。「ティファニー 1837™ メイカーズ」には、そんなモダンな男性のスピリットが宿っているのである。また世界でも限られた店舗でのみ購入できる同アイテムは、ギフトにもぴったり。

新作アイテムはシルバー、ゴールドのペンダント2点と、シルバーのキーホルダーの合計3アイテム。いずれも裏にスペシャルデザインである「TOKYO」の刻印が彫られている。またティファニーのホローウェア工房で生まれ、シンボルとして今も使い続けられるハンマーの刻印が「TOKYO」の「T」に施され、ティファニーの遊び心もプラス。数量限定モデルとなるペンダントとキーホルダーは8月から銀座本店、ティファニー@キャットストリート店のみで発売中。

RECOMMENDEDおすすめの記事