ほぼ無音の環境「ささやき」が追究された新型ゴーストの静粛性

ロールス・ロイスが、ゴーストのクライアントからフィードバックを確認したところ、ほぼ無音の音響特性が最も重要であることが明らかだった。乗る人々は、ビジネスの世界で活動しており、ロールス・ロイスが生み出す穏やかさを大切にしているのだ。したがって、新型ゴーストを作成する際に、音響専門のチームは、この非常に複雑なエンジニアリングタスクに力を入れた。

音響チームは、絶対的な静けさを実現するために、独自のアルミ製スペースフレームアーキテクチャを採用することから始めた。これは、金属に比べて金属の音響インピーダンスが高く、平らな共振面ではなく複雑な形状の構造であるため、利点がある。ルーフ、ブーツ、フロアは、100kgを超える吸音材で埋められた。さらに、透明な複合材のセンターシートを備えた二重窓と、軽量の防音材が張られたタイヤが使用されている。

サウンドステージが作成されると、その音響特性についてすべてのコンポーネントが徹底的に調査された。空調ダクトの内側でさえもスムーズになり、煩わしい騒音から乗員を避ける。

しかし、初期のテストで音響チームは、すべてのノイズを取り除くことは見当違いであることに気が付いた。彼らの解決策は、「ささやき」を作成すること。これを実現するには、各コンポーネントを特定の共振周波数に調整する必要があった。

新型ゴースト音響エンジニアリングリーダーであるトム・デイビス-リーソン氏は、次のように述べている。「新しいゴーストの並外れた音響品質は、重要なエンジニアリング開発と細部へのこだわりの結果ですが、それは、独自のアルミニウムアーキテクチャによって支えられています。スチール製のプラットフォームを使用して、このような音響的に洗練された環境を作成することはできませんでした」

新型ゴーストは今秋デビューを予定している。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事