ヘリテージと最新の融合│オーストラリアでポルシェ911が販売されてから55周年!

Porsche AG

最初の911がオーストラリアで販売されてから55年が経ったことを記念し、1965年 911Sをモチーフにしたポルシェ・エクスクルーシブモデルが製作された。

オリジナルの911は、当時オーストラリアのポルシェ販売代理店であったノーマン・ハミルトンによって、1964年にアデレードで農家を営むロン・アンガスに納車された。ロン・アンガスが楽しんでいた911Sは、5速マニュアルギアボックスを搭載しているが、2020年バージョンの911(992)には8速オートマチックギアボックスが搭載されている。

1965年 911がストーングレーで仕上げられた一方で、992シリーズのカラーパレットからクレヨンが選ばれた。このカレラSには、黒いブレーキキャリパーや、ポルシェ限定のManufaktur SportDesignサイドスカート、ペイントされたミラー、光沢のあるトリムストリップなどが採用されている。



インテリアにおいては、初期のモデル911はグリーンレザーで覆われている。ダッシュボードや、ステアリングと見事な調和を果たしている。これをモチーフとして、992 カレラSも、アガベグリーンを基調とした室内へと仕上げられている。オリジナルとは異なり、ヘッドレストにはポルシェのクレストが型押しされている。



ダークシルバーのアルミニウムドアシルガードは、「1965 Reimagined」というテキストがあしらわれている。また、環境に配慮したPaldao Darkの内装パッケージが装備されている点も新しい。ヘリテージと、ハイテク機能を組み合わせたこのプロジェクトは、ポルシェの歴史を象徴するのに最適な一台を完成させたのである。



このスペシャルモデルについて、ポルシェセンター・メルボルンの新車販売マネージャーであるディーン・ウィリアムズは、次のように話している。「オリジナルの911がデリバリーされてから55年後、現代のかたちで蘇らせることができるのは驚くべきことです」

ポルシェセンター・南シドニーのゼネラルセールスマネージャー、リー・ハレットは、「最高品質の素材と最新の製造方法を組み合わせ、細部にまでこだわったポルシェ・エクスクルーシブ・マニュファクトゥールが提供するカスタマイズの無限の可能性を反映しています」とコメント。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事