クラス最高の性能に!ポルシェが新型パナメーラを発表

ポルシェは新型パナメーラを発表した。従来よりも車両の特性がいちだんと多面的になり、 スポーツカーらしい走りとエクスクルーシブサルーンの快適性を兼ね備えるまでになっているという。

最高出力463kW(630ps)、最大トルクが820N・mのパナメーラ ターボSは、クラス最高性能を誇る。シリーズの中で頂点に君臨するこのニューモデルは、性能の面で先代のパナメーラ ターボを大きく凌駕している。また、ポルシェは、プラグインハイブリッドのラインナップに加わった新型のパナメーラ4S E-ハイブリッドは、412kW(560㎰)のシステム出力を備えた、まったく新しい駆動システムを搭載している。現在市販されている他のハイブリッドモデルと比較した場合、電気モーターのみでの航続距離が最大で30%も長くなっている。



ターボSを、先代のターボモデルと比較した場合、最高出力は59kW(80PS)、最大トルクは50N・m増大している。これは走行性能にプラスの影響をもたらしており、スポーツ・プラスモードを選択すると、このターボSは、0-100km/h加速において3.1秒のタイムをマークする。ヴァイザッハで開発されツッフェンハウゼンで製造された4リッターV8ツインターボエンジンは、315km/hの新たな最高速度を達成すべく、全面的に見直された。

コントロールされた圧倒的なパワーを路面に伝え、コーナリング性能を最大化できるよう、3チャンバーエアサスペンション、ポルシェ アクティブサスペンションマネジメント(PASM)、およびポルシェ トルクベクトリングプラス(PTV Plus)を含むロール安定化システムのポルシェ ダイナミックシャシーコントロールスポーツ(PDCC Sport)が、それぞれのモデルに合わせ、カスタマイズおよび最適化されているのだ。


オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事