クラス最高の性能に!ポルシェが新型パナメーラを発表



パナメーラGTSのV8ツインターボエンジンは、最高出力353kW(480ps)、最大トルク620N・mを実現させている。最高出力は先代モデルの値を15kW(20ps)上回る。レブリミット付近まで出力が継続的に増大していくという特性は、 自然吸気エンジンを搭載した従来のスポーツカーの特性と同様。また、リアサイレンサーを非対称の位置に配置した標準装備のスポーツエグゾーストシステムによって、伝統あるV8サウンドは、その個性にいちだんと磨きが掛かっている。ニューパナメーラとパナメーラ4には、世界中の市場で高い評価を得ている、2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。243kW(330PS)の最高出力と450N・mの最大トルクは先代モデルから変わっていない。

パナメーラ4S E-ハイブリッドは、8段デュアルクラッチトランスミッション(PDK)に統合された出力100kW(136PS)の電気モーターと、最高出力324kW(440ps)の2.9リッターV6ツインターボエンジンをインテリジェントに組み合わせた。これにより、412kW(560ps)のシステム最高出力と750N・mのシステム最大トルクを発生。このような圧倒的スペックを誇ることから、 標準装備のスポーツクロノパッケージと組み合わせると、0-100km/h加速では3.7秒のタイムをマークする。



また、ニューパナメーラでは、これまでオプションだったスポーツデザインのフロントエンドが標準装備となっているため、 人目を引くエアインテークグリル、冷却気用の大型サイドエアインテーク、およびシングルバー方式のフロントライトが各モデルに備わっている。また、パナメーラ ターボSのフロントエンドは一新されていて、ボディカラー同色の新設計エレメントはもちろん、大型のサイドエアインテークも新たな特徴に。ターボモデルのデュアルフロントライトは、ライトモジュールの間隔がさらに広げられている。ホイールに関しては、20インチおよび21インチの新型ホイールが3種類追加されたことで、現時点では全部で10種類のホイールが用意されている。



インテリアにおいて大きな変更はないものの、コネクティビティが向上しており、ポルシェ コミュニケーションマネジメントシステム(PCM)には、アップグレードされたVoice Pilotオンラインボイスコントロール、リスクレーダー、ラジオプラス、ワイヤレスApple® CarPlay、その他の多数のConnectサービスなど、新しいデジタル機能とサービスが組み込まれている。


パナメーラ特設サイト
https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/panamera-models/panamera-turbo-s/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事