超本格派!アストンマーティン DB5のジュニアカーがヴァンテージ仕様と共に登場

The Little Company

アストンマーティンDB5が2/3スケールになった、ジュニアカーが登場した。大人でも楽しむことができる本格仕様だ。

このジュニアカーはDB5ジュニアと、DB5 ヴァンテージ ジュニアの2パターンが用意される。アストンマーティンとThe Little Carが共同開発し、その構築には15カ月かかったという。オリジナルのDB5を3Dスキャンし、最大限まで詳細を再現しているのである。

6.7hpの電気モーターを備えたDB5ジュニアは、最大30mphの速度まで到達する。リアにはフロントダブルウィッシュボーンサスペンションを採用。10インチのワイヤーホイールを備え、ベンチレーテッドディスクブレーキを装備している。回生ブレーキも備えており、ジュニアカーではあるが開発の本気度もうかがえる。



走行モードは3モードから選ぶことができる。初心者モードでは、モーターが1.3hpに制限され、最高速度12mphです。子供が離れすぎた場合、車をリモートで停止させることもできる。エキスパートモードは最高速度のロックが解除され、レースモードではThe Little Companyが販売している他のラインナップとレースができるほどになるそうだ。

インテリアにおいても、クイックリリースのステアリング、ビレットアルミニウムのアクセル/ブレーキペダル、ホーンなどを備えており、本格的に楽しむことができる。シートはレザーで、シートに合わせたカラーのカーペットが標準仕様となる。希望によっては異なるカラーにすることも可能。オプションのアクセサリーとしては、ツールキット、ナンバープレート、カバーといったものが揃えられている。



一方、DB5 ヴァンテージ ジュニアは、最高出力が13.4hpとなり、速度制限もない。カーボン製ボディや、LSDを備えることもポイントである。4番目の秘密の走行モードも備えられる。

DB5ジュニアと、DB5 ヴァンテージ ジュニアは、合計1059台生産される。価格はDB5ジュニアが3万5000ポンド(約490万円)、DB5 ヴァンテージ ジュニアが4万5000ポンド(約630万円)となっている。生産スタートは2021年から。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事