ボロボロでも立派な価格で販売中│1956年 アストンマーティン DB2/4

Beverly Hills Car Club

ボロボロの状態に見えるアストンマーティン DB2/4が売りに出されている。その価格にも注目していただきたい。

このモデルは、DB2の車名末尾に付けられた"4"はDB2に2座を追加して4人乗りとしたことを表わしている。2+2シートはリアのルーフラインが高くなったことで居住性を改善、同時にリアウィンドウが開閉式になったことで使い勝手も向上した。だが、4人乗りになったことで重量は重くなり、元来の性能をスポイルしたため、アストンマーティンは1954年に排気量を2.9リッターに拡大して140bhpにエンジン出力を強化した。



1955年のMkⅡではリアエンドのボディ形状を見直し、ドロップヘッドに"ノッチバック"ハードトップを載せたタイプを少数用意した。DB2/4の全生産台数はおよそ750台である。

そして現在アメリカで、1956年 アストンマーティン DB2/4がメタルむき出しの状態で販売されている。ほとんどの時間を香港で過ごしており、1968年に前の所有者がアメリカに輸出している。



マッチングナンバー車で、インテリアはオリジナルのブラックがボロボロの状態で残されている。ウッドステアリングやワイヤーホイールもオリジナルのものだ。時間はかかるであろうが、レストアプロジェクトには最適な一台であると紹介されており、その販売価格は10万8500ドル(約1139万円)となっている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事