ギネス認定!16歳女性ドライバーがスラローム走行最速記録達成!

Porsche AG

16歳の女性ドライバー クロエ・チャンバーは、カートチャンピオンであり、テコンドーでは黒帯を獲得している。そんなパワフルな彼女が、9月2日、最新型のポルシェ 718スパイダーでスラロームにおいて世界最速記録を更新した。

この測定では、15.05m間隔に置かれた50個のコーンを走り抜ける速さを記録する。正確なドライバーと正確な車が必要とされる挑戦だ。これまで、2500フィートのスラロームでの最速記録は、48.11秒であった。

チェンバーズはニューヨークの緑豊かなハドソンバレーで育ち、幼い頃に父親のマットと一緒にフォーミュラワンを見ていたほか、レース準備の整ったポルシェ944ターボが身近にあった。カート競技をはじめると、8歳で地域のチャンピオンに輝いた。そして3年後には、州チャンピオンになっている。



「私は運転を本当に楽しんでいます。競争が好きなのです」と彼女はいう。

すでに様々な功績をあげているが、彼女はまだ10代である。1週間の練習期間において、休憩時間にはピザを食べ、兄弟と一緒に冗談を言い合い、カートを出して走ったり。しかし、普通のティーンエイジャーとは異なり、最新型ポルシェ718スパイダーのキーを渡されたのだ。

挑戦のなかで、直進することはあまりなかった。スパイダーの車高が低いボディ、入念に調整されたサスペンション、そして滑りにくいミシュラン・スポーツカップ2タイヤを備えていたため、カーブに自信を持つことができたのである。



彼女は正確かつ迅速なウォームアップ走行を行い記録を縮めていった。ターコイズブルーのサングラスをかけ、シルバーメタリックの718スパイダーでコーンの周りを正確に走っていく。そして、本番走行では47.45秒というタイムを記録した。これは、彼女の目標よりも0.5秒以上速く、ギネス認定された。

クロエ・チャンバーは記録更新した後、こうコメントした。「私にとって素晴らしい学習体験でした。目標を達成するのを助けてくれたみんなに感謝しています。集中力と忍耐力が必要でしたが、楽しい1週間でした。このすばらしい機会にも感謝しています」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事