グランドセイコー 世界初の機構を搭載した機械式時計のコンセプトモデル発表

セイコーウオッチは、グランドセイコーから、「コンスタントフォース」機構と「トゥールビヨン」機構を同軸に一体化した世界初の機構を搭載する、機械式時計のコンセプトモデル「T0 コンスタントフォース・トゥールビヨン」(以下「T0」)を発表する。

このモデルは、7月20日に岩手県岩手郡雫石町に開設された「グランドセイコースタジオ雫石」に展示される(非売品)。

T0は、ともに高度な設計と製造の技術が要求される二つの複雑機構「コンスタントフォース」と「トゥールビヨン」を同軸に一体化して組み合わせることで、機械式時計としてセイコーの歴史上で最高レベルの時間精度を実現したものです(特許登録済)。



2020年8月に商品化された機械式ムーブメント「9SA5」が、商品化を前提として開発されたのに対して、T0 の開発においては、機械式時計としてさらなる高精度化を遂げるために、商品化にとらわれない自由な発想で複雑機構を生み出した。

「グランドセイコースタジオ 雫石」におけるT0の展示では、連続して回転するトゥールビヨンにコンスタントフォースの断続的な回転が追随する、ユニークな動きをご覧いただけるとともに、二つの機構が刻む音が16 ビートの躍動的なハーモニーを奏でる様子を体感していただける。

RECOMMENDEDおすすめの記事