日産 アリア 北京モーターショーで中国市場に初お披露目

nissan

9月26日から開催される北京モーターショーにおいて、日産は最新のイノベーション、製品と技術を展示するとともに、新型クロスオーバーEV「日産 アリア」をお披露目する。

また、日産ブースでは、車がどのようにエネルギーを使い、どのように走り、どのように社会と繋がるのかという日産のビジョン「ニッサン インテリジェント モビリティ」の特徴をご紹介。

7月15日、世界に先駆けて横浜で発表された日産初のクロスオーバーEV「日産 アリア」を、今回初めて海外で公開する。力強い走りと広々とした車内空間を誇る「日産 アリア」は、快適性、コントロール性、安全性を備えるとともに、車内外でドライバーや同乗者にシームレスな体験を提供する。日産のEVにおける新たなアイデンティティとデザイン表現を確立しており、来年末までの中国での販売開始を予定している。

また、同時に展示される「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、日産とイタルデザインによる初めての共同開発から生み出された限定モデルである。パワーと芸術性を融合し、日産GT-Rの生誕50周年を記念して誕生した。



加えて、アルティマ、エクストレイル、キャシュカイに搭載されている高速道路の同一車線内自動運転技術「ProPILOT」等、日産のインテリジェント モビリティ技術のデモンストレーションも行われる。

ニッサンイン テリジェント モビリティの最新技術を紹介する体験ゾーンを設置。ご来場者はシミュレーターに搭乗して、日産の最新のコネクティビィ、電動化、安全に関する技術を体感しながら、爽快なドライブ体験を楽しんでいただくことができます。

北京モーターショー2020での日産ブースの記者会見は、9月26日の土曜日に予定されている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事