アバルトが2台の限定車を発表│「コルピオーネオーロ」と「モンスターエナジー・ヤマハ」

アバルトが欧州にて、アバルト 595 スコルピオーネオーロとアバルト 595 モンスターエナジー・ヤマハ、2つの限定車を発表した。

595 スコルピオーネオーロは、A112 Abarth "Gold Ring"からインスピレーションを受けており、ブラックのボディにゴールドのディテールがあしらわれる。ゴールド仕上げの合金ホイールもポイントであろう。インテリアもブラックのレザー張りなどによって上質な雰囲気になっている。



一方、595 モンスターエナジー・ヤマハは、2015年から続く2つのブランド間のパートナーシップを祝うための限定版である。カラーリングとインテリアは、モトGPのYZR-M1からインスパイアされているものだ。ヘッドレストには「Monster Energy Yamaha」のロゴが付き、ブルーのアバルトスポーツシートも特徴的。ブラックのダッシュボードにもブルーのライナーが見られる。





いずれも2000台限定で、シリアルナンバープレ―トがインテリアに配されている。アバルトの自由なフィロソフィーを象徴した2台といえるだろう。日本での導入については未定。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事