ルイス・ハミルトンが自身のチームX44を設立!「エクストリームE」への参戦を発表

Extreme E

2021年にスタートする『Extreme E(エクストリームE)』は、北極圏、砂漠、アマゾン、沿岸地といったあらゆる自然環境を舞台にした新たな電気オフロードレース選手権シリーズだ。

このたび6度のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンが自身のチーム「X44」を設立することが発表された。ハミルトンのドライバーズナンバーである44番を冠したチームを設立するにあたり、彼はこう述べている。



「新しいサステイナビリティをリードするエキサイティングなレースであるエクストリームEに、チーム創設者として初期段階からかかわることができる絶好の機会です。もちろん、F1におけるメルセデスでの私の目標やコミットメントにより、私自身がX44の運用には関与しないことになりますが、この新しいシリーズで私が別の役割を果たせることについてはとてもワクワクしています。より持続可能で平等な世界を実現したいという私のビジョンを叶えられるからです」

「エクストリームEは環境に重きを置いています。そこが私にとってはとても魅力的でした。私たちは一人一人が違いを生み出すパワーを持っています。私のレースの愛情と地球への愛情を用いてポジティブな影響を与えることができるでしょう」

ハミルトンの役割はチームの創設者であり、ドライバーとして常に参戦するといった関与方法ではないというが、競争力のあるチームを作るために自身がモータースポーツのキャリアで学んだことを実践していくという。ハミルトンはすでに環境問題についての意識も高く持っており、X44を通じてさらにそれを高めていくことができるだろう。



エクストリームEは気候変動の意識を高めるだけではなく、グランプリが開催される場所や公開方法も独自のポリシーに基づいたもので、最先端の気候専門家で構成される独立した科学委員会の監督のもと、レースや幅広いスポーツ産業が地球にポジティブな影響を与えることができるように考慮されている。レース自体は環境への影響を最小限に抑えるためにクローズで行われ、ファンはテレビの生放送やSNSでレースを楽しむことになる。パドックともいうべき選手権のコマンドセンターはRMS セントヘレナという船に設置される予定だ。この船は排出量を最小限に抑え、選手権のための運営、物流、宿泊施設、ガレージベースにもなるように数百万ユーロをかけて改装されている。



ハミルトンはこうも述べている。
「気候変動の最前線である遠隔地を訪れるだけではなく、それらの地で気候問題の専門家と緊密に協力し、知識をシェアし、サーキットという枠を超えた各地域に、たしかな遺産を残すことができるのです」

X44はまた、次世代のドライバーやエンジニア、技術者に機会を提供し世界レベルの才能を育成できる環境を提供する。チームは他のエクストリームE参戦チームと同様に7名で構成され、その中には女性と男性のプロドライバーも含まれている。

「X44の創設者として、持続可能性や平等といった重要な価値観に基づいたチームを編成できることは非常に楽しみです。人は誰もが完璧なわけではなく、すべてにおいて改善すべき点はありますが、私たちのプラットフォームを使って地球が直面する最も重要な課題、そして私たち全員が参加できる解決策に焦点を当てられることを嬉しく思っています」とハミルトンは語る。

サウジアラビアでのテストの様子

サウジアラビアでのテストの様子

新たな選手権、エクストリームEは2021年1月23~24日にセネガル・ラックローズ近郊を舞台にラウンドが行われ、その後はサウジアラビア、ネパール、グリーンランド、ブラジルで開催される予定だ。開幕まであと4カ月強、他の参戦チームやドライバーの詳細についてもこの先順次明らかになっていくだろう。続報を楽しみに待ちたい。



Extreme E 公式サイト:https://www.extreme-e.com/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事