A.ランゲ&ゾーネがアニバーサリーエディション「F. A.ランゲへのオマージュ」を発表

A.ランゲ&ゾーネは、1815 ファミリーの格別な3モデルに“F. A.ランゲへのオマージュ”の名を冠した新作を上海で開催される Watches & Wondersで発表。この限定エディションでは、フェルディナント・アドルフ・ランゲの功績を讃え、ケース素材としてランゲが専用使用権を有するハニーゴールドを採用し、ムーブメントおよびダイヤルに特別な仕上げ装飾を施している。これらの伝統要素と革新的な工芸技術が見事に融合した時計は、ザクセン時計産業の原点を今に伝える。

2020年は、A.ランゲ&ゾーネにとって二重の意味で記念すべき年である。ザクセン高級時計産業を興して175年、そして勇気ある会社再設立から30年という節目の年となる。フェルディナント・アドルフ・ランゲは、1845年12月7日にドイツ・ザクセンの山間の町グラスヒュッテに懐中時計工房を設立した。これが、後の時計産業立地グラスヒュッテの原点となった。

15人の見習工と始めた小さな時計工房は、ドイツ国外にも名を馳せるマニュファクチュールへと成長する。F.A. ランゲは当時としては近代的な分業制を時計製作に導入し、育て上げた時計師には独立して起業することを勧めた。

彼は、生まれ故郷であるザクセンで世界最高の時計を作るという目標を胸に、時計製作にメートル法を導入し、革新的な計器や工具を開発するなど、科学と工芸技術を近代的な製法に巧みに取り入れる。さらに、多数の優れた機構と時計技法を開発して、多くの特許を申請している。その代表的な例は4分の3プレートであろう。この地板は、1990年に会社が再出発して以来ずっとA.ランゲ&ゾーネの時計ならではの特徴となっている。

1815 フラッハ・ハニーゴールド


A.ランゲ&ゾーネの時計師たちは、ブランドの偉大な伝統に刺激を受け、革新的アイデアと秀でた工芸技能で高級時計産業をさらに発展させるべく努力を続けている。「決して立ち止まらない」という理念は、この度発表される“F. A.ランゲへのオマージュ”の名を冠するアニバーサリーエディションにも反映されている。

トゥールボグラフ・パーペチュアル・ハニーゴールド


1815 ファミリーの名前は、フェルディナント・アドルフ・ランゲの誕生年にちなんでいる。1815 ファミリーの時計は伝統技法に発想を得て設計されており、その意味で特に A.ランゲ&ゾーネの伝統的側面を体現するプロダクトファミリーである。伝統的なデザインは、懐中時計を製作した当時の精神を現在の機械式時計に反映したもの。上品な慎ましさと高精度は、フェルディナント・アドルフ・ランゲの価値観を物語る。三つの限定モデルに共通する革新的なケース素材ハニーゴールドには、時計製作に冶金学の知識を応用するというランゲ工房の科学的側面が垣間見える。

1815ラトラパント・ハニーゴールド


そして3モデルのムーブメントにはいずれも、表面に粒状感を持たせた洋銀製プレート、エングレービングにブラックロディウム仕上げを施したテンプ受けが組み込まれている。さらに、どの時計にもこのエディションのためにデザインされたダイヤルが収められている。


1815 フラッハ・ハニーゴールド 
予定価格:374万円(税別)、世界限定175本限定 発売時期:2020年9月

1815 ラトラパント・ハニーゴールド 
予定価格:1475万円(税別)、世界限定100本 ブティック限定エディション 発売時期:2020年11月

トゥールボグラフ・パーペチュアル・ハニーゴールド 
参考価格:50万ユーロ(ドイツVAT19%含む)世界限定50本 発売時期:2020年11月

RECOMMENDEDおすすめの記事