想定できない旅!南極大陸にポルシェ356で挑む女性ドライバーの物語

Porsche AG

この記事は『4人の母親がある日突然ポルシェ356を購入 ?! │世界有数のラリーに57歳で挑戦!』の続きです。

2013年のラ カレラ パナメリカーナで、ブリンカーホフは観覧車の群衆にぶつからないようにステアリングを切った際に、ガードレールにぶつかり、ポルシェ356は大きく破損した。地元のポルシェコレクターによる協力で再びレースに戻ることができたという。

事故後、ブリンカーホフは2つの重要な決断をした。第一に、このレースを通じて危険にさらされている女性と子供たちを支援し、特に子供の人身売買にストップをかけること、第二に"プロジェクト356ワールドラリーツアー"を行うことである。



ブリンカーホフは、自分自身に挑戦し、新しいチャリティーへの意識を高めるために、7つの大陸すべてで6つのレースを計画。冒険の規模が大きくなると、英国を拠点とするTuthill Porscheのラリー専門家が車を準備し、2017年にはラ カレラ パナメリカーナに戻った。

彼女は前回のメキシコでのレースよりもはるかにドライブがうまくなり、再びクラスで優勝。そしてワールドツアーを開始した。ブリンカーホフは2018年にオセアニアのタルガタスマニアまで行き、次にアンデス山脈へ。1万5000フィートまでのぼったそうだ。その翌年には、北京-パリ・ラリーで36日間、アジアとヨーロッパを横断する9300マイルを走った。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事