2600以上の植物が守る環境│ベントレーがクルーに「リビングウォール」を設置

Bentley motors

英国のクルーにあるベントレーモーターズの本社は、生物多様性を高めるように設計されている。そして今回、新たに"リビングウォール"が設置された。

メインのプロダクションホールの横にあるリビングウォールは、2600以上の植物がひとつになっているものだ。28種のシダ、草、常緑樹が含まれる。各植物は個別に鉢植えされており、不必要な水の使用を削減するという、特別な自動給水システムが組み込まれており、どのような天候でも植物が適切な量の水を与えることができる。

リビングウォールの設置は、ベントレーの本社と製造施設にさまざまなメリットをもたらす。持続可能性が中心にあることを保証するという、ベントレーの取り組みの具体的な実証であるだけでなく、環境への影響を低減するという目標に貢献している。



昨年、ベントレーの工場敷地は、カーボントラストからカーボンニュートラル認証を取得した。また、リビングウォールは、大気からの炭素の削減にさらに貢献している。 1年の間に、壁の植物は約40kgの酸素を生成するだけでなく、熱を吸収し、自然の断熱材を提供し、VOC毒素やほこりをろ過すると予想されている。

製造部のメンバーであるピーター・ボッシュは、次のように述べている。「ベントレーでは、持続可能なラグジュアリーモビリティの提供と、事業の環境への影響の低減に重点を置いています。メインのプロダクションホールの側面にリビングウォールを設置することで、このサイトの中で最も目立つものになりました。2010年以降、私たちはサイトをカーボンニュートラルにし、エネルギー消費量を54%削減し、取水量を47%削減し、廃棄のために廃棄物を98%削減しました。私たちの旅は、将来の持続可能性計画を革新するための新しい方法を探すことで続きます」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事