新型パナメーラのコックピットに装着されていたクロックを腕時計でも  

このたびポルシェデザインより新作モデル「Sport Chrono Collection(スポーツ・クロノ・コレクション)」が発表された。これは今までオプション装備であったが、新型パナメーラで始めて標準装備されることとなったスポーツ・クロノ・パッケージで採用されているクロックを自らの手首でも楽しむことができるように、実現したモデルだ。


 
スポーツ・クロノ・パッケージで採用されている電動クロックは、工房にてアセンブルされた、ラジアルカットされたハイエンドのメタル製ダイアル、スーパールミノーバ・コーティングされたセラミック製インデックス、メタル製の針を特徴としているモデル。特別に開発された入射光に関するテクノロジーとの組み合わせにより、ポルシェ・デザイン・ウォッチの特性が車の内装に反映されている。ドライブ中、どのタイミング、どの角度からでも時刻を読み取りやすいよう、視認性にこだわり抜かれたモデルなのである。今回、拡張版スポーツ・クロノ・パッケージの発表に伴い、発表されたスポーツ・クロノ・コレクションのリストウォッチでも、同様のことが言えるのだ。
 


また、これらの新作は、3針モデルでは自社開発の新しいポルシェ・デザイン・キャリバーWERK 03.200が搭載されており正確さの証明であるCOSCも取得済み。また、自動巻きのクロノグラフは、COSC認定済みのポルシェ・デザイン・キャリバーWERK 01.100を搭載している。
 
ダッシュボードの機器同様、自動巻きムーブメントは、6時位置のスモールセコンドにスポットライトを当て、ポルシェ・デザインのウォッチメイキングにおける専門知識を再びハイライトし表現しているモデルたち。ポルシェ好きの心を動かすこと間違い無いだろう。
 



3ハンズモデル(ブラック・ブラウン・ブルー)
スポーツ・クロノ・サブセコンド
価格: 65万円(税別)
 

スポーツ・クロノグラフ(ブラック)
価格:85万円(税別)

RECOMMENDEDおすすめの記事