ピーターセン自動車博物館がオンラインガラを開催│オークションでの収益は寄付へ

Petersen museum

ピーターセン自動車博物館は、2020年9月26日に開催されるデジタル・ガラ・エクスペリエンスの一環として、オンラインオークションハウスBring a Trailerを通じて車を数台オークションにかける。そのハイライトには、フルレストアされた1961年 MGA アウトロ―とスコットランドのプライベートシェフとハウススタッフがいる城での6泊の滞在が含まれる。他のロットには、ソノマレースウェイでドライバー ブルース・カネパが操るポルシェ935の助手席を楽しむというものもある。

1961年 MGA アウトローは、ホットカム、ディスクブレーキ、新しいサスペンションコンポーネント、そしてモダンなオックスブラッドカラーのインテリアを備えている。ワイヤーホイールがさらにクラシカルな外観を引き立てている。



「毎年、ガラでの収益で教育サポートからコレクションの保存まで、さまざまなことを行っています」とピーターセン自動車博物館のエグゼクティブディレクター テリーL.カルジェスはコメント。「今年のガラは異なって見えますが、サポートはこれまで以上に重要です。ピーターセン自動車博物館のガラをサポートすることで、私たちが若者を教育し続け、コミュニティと関わり合い、未来の世代のために車の文化を維持できることを保証しています」

ピーターセン自動車博物館の第26回ガラセレブレーションは、完全にデジタルな体験となる。夜のハイライトには、45分の限定コンテンツ、アーカイブ映像、ゲストの自宅の住所に発送されるギフトバッグが含まれる。

バーチャルガラのゲストには、イベントの前日にメールでポータルへのリンクが送信される。すべてのコンテンツは、チケット所有者であれば2020年10月1日まで利用できるそうだ。このオークションでの収益は、ロサンゼルスの恵まれない学生に教育プログラムを提供するピーターセン自動車博物館財団に寄付される。


https://www.petersen.org/gala

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事