「エキサイティングな未来を創造する」プジョー NEW SUV 2008, e-2008発表

プジョーブランドのBセグメントコンパクトSUV、NEW SUV 2008および100%電気自動車のNEW SUV e-2008の発売が開始された。

バランスがとれたラインと全体的なプロポーションは、いかにもSUVらしいもの。ウィンドシールドをセットバックし、ボンネットはより水平基調に伸びやかに、力強いボディを創造している。視覚的に重心がホイールにしっかりと乗ったスタンスのよいボディ、そして頼もしさと安心感を与えてくれるしっかりとしたショルダーラインを有している。

フロントフェイスは、堂々とした垂直なグリル(GT Line、Allure、EVの3仕様。EVバージョンではボディカラー同色)、彫りの深いボンネット、ヘッドライトから下に向けて繊細に細くなっていくLEDデイタイム・ランニングライトを備え、NEW SUV 2008ならではのアイデンティティーに溢れている。下方向に伸びる牙のようなセイバー(サーベルの意)と呼ばれるLEDデイタイムランニングライトは508で初めて採用され、すでに新世代プジョーのあたらしいフロントフェイスのアイコンとなっている。またGT Lineではライオンの3本の爪痕をモチーフとしたフルLEDヘッドライトが彩る。さらにフロントアンダーデコレーションがSUVらしいタフさを加えている。



国内の立体駐車場に収まる1550mmの全高と伸びやかで流れるようなサイドビューは、SUVでありつつもスリークな雰囲気に。これは205mmと高めにとった最低地上高とブラックダイヤモンドルーフ&ブラックドアミラー&ブラックウインドウストリップ(GT Line)そしてブラックアウトしたCピラーによる視覚的相乗効果とセグメント最長クラスとなる2610mmのホイールベースによるものである。

スタイルは力強く、ホイールアーチを埋める17インチ大径ホイールがそれをさらに際立たせている。さらにNEW SUV e-2008の18インチホイールにはインサートが追加され、カスタマイズのしやすさ、大幅な軽量化(全ホイールで約4kg)、エアロダイナミクスの向上という3つのメリットを生み出した。



ラゲッジスペース容量は、クラス最大級の434リッター。可動式のフロアボードを備え、ハイポジションにセットすることで荷室を上下に区切ることができる。さらに荷物がある際は、6:4分割可倒式のリアシートバックを倒せば、最大1467リッターの空間が出現。リアゲートの開口部は低くて大きく、壁面もフロアもフラットである。リアシートの広さもまた、新プラットフォームCMP採用モデルで最大。トランクスペースのモジュラー性はリアシートを折り畳むと実質的にフラットな床となるこの2ポジションフロアによって確保されている。



インテリアは、他にもさまざまな新しい収納スペースが用意されているので、日常的に必要なものはすべて納めることができる。従来のドアポケットとグローブボックスに加え、フロントセンターアームレスト下、シフトレバー前にも必要にして十分な収納スペースがある。さらに、センターコンソール下部にも隠された収納スペースがあり、そこにはQi規格準拠のスマートフォン非接触充電エリアとそのカバーがあり、スマートフォンをスマートに収納することができるようになっている。



2008のパワートレインは定評のPureTech 1.2リッター ターボエンジンの進化型を搭載しており、最高出力130ps、最大トルク230Nmを発揮する。e-2008は、100%電動パワートレインを搭載した日本で初めてのBセグメントコンパクトSUV(2020年9月現在)である。電気モーターは最高出力136ps(100kW)、最大トルク260Nm、搭載バッテリーは50kwh。JC08モードで385kmの航続距離となっている。

UNBORING THE FUTURE(退屈な未来は、いらない。)というタグラインにあるように、エキサイティングな未来を創造するというプジョーのブランドヴィジョンをエンスージアスティックに実現するのが、このNEW SUV 2008であろう。


NEW SUV 2008 Allure 299万円
NEW SUV 2008 GT Line 338万円
NEW SUV e-2008 Allure 429万円
NEW SUV e-2008 GT Line 468万円

RECOMMENDEDおすすめの記事