メゾン・ベルルッティ創業125周年シューズをパリ造幣局と製作

メゾン・ベルルッティは今年創業125周年を記念して、ブランドを代表するシューズ「アンディ」を モネ・ド・パリ(パリ造幣局)からの協力を得てペニーローファーへと刷新する。

1895年、最初のレースアップシューズ「アレッサンドロ」を生み出した、イタリア出身のアレッサンドロ・ベルルッティが30歳の時にパリで創業したベルルッティは、四世代にわたる職人たちの手によって進化と革新を続けてきた。職人技術のノウハウと型破りな魅力で知られるメゾン・ベルルッティは、彫刻作品をとらえるように靴作りに取り組み、ブランドを象徴する新しいモデルを創出し、パティーヌの開発によってメンズシューズの世界に色を取り入れ、20世紀の中で靴作りの専門技能を磨いてきた。



2005年、ブランドを代表する 「アンジュール」や 「ドゥジュール」のブリーフケースなどのバッグに先駆け、レザーグッズやアクセサリー、オブジェがラインナップに加わり、2011年にはプレタポルテのコレクションを発表。ベルルッティはグローバルなライフスタイルブランドとなった。2018 年、ベルギー出身のデザイナー、クリス・ヴァン・アッシュをクリエイティブディレクターとして迎えて以来、ベルルッティの好奇心旺盛かつ大胆な精神をさらに一歩進め、彼の手掛けるエネルギー溢れるコレクションや、カラフルなパティーヌ染めのヴェネチアカーフレザーを使用したピエール・ジャンヌレのデザインしたチャンディーガルの家具に代表される、単発のコラボレーション作品は、先進的でありながらもブランドの伝統にしっかりと根ざしている。

ブランドの創業125周年記念に、オルガ ・ベルルッティが1962年にアンディ・ウォーホルのためにデザインしたブランドを象徴するローファー「アンディ」にスポットを当て、20 世紀初頭にプレップスクールやカレッジの学生たちの間で人気のあった、アッパーのサドルストラップに公衆電話をかけるためのペニー硬貨を挟む半月型の切込みを刻んだ 、オーセンティックな「ペニーローファー」が誕生した。ベルルッティの紋章を刻印し、足に当たらないよう少しカーブをつけた装飾用のペニー硬貨は、西暦 864年の創立以来、硬貨とメダルの製造を担ってきたセーヌ河岸に位置するフランスの製造企業、モネ・ド・パリ(パリ造幣局)が特別に製作を行った。



ベルルッティの限定版ペニーローファーは4色展開。すべて手作業によるパティーヌ染めで仕上げた、コーティングを行わないフルグレインのしなやかなヴェネチアレザーを使用している。TDM インテンソ カラーのローファーは、仕上げにスクリットレザーのモチーフや最新のロゴ、シグネチャー キャンバスプリントのベルルッティの紋章を融合したゴールドの硬貨を、そして、アイスブラウンやディープロスコ、ディープレッドのパティーヌにはシルバーの硬貨を用いている。

また、125周年記念のベルルッティロゴ入り特製インソールや、ベルルッティの新しい紋章を型押しした木製シューツリーといったディテールも加わっている。ペニーローファーは2020年 10月中旬より全世界のベルルッティブティックにおいて販売される。


ペニーローファー ゴールドコイン 740,000 円(税別)
ペニーローファー シルバーコイン 345,000 円(税別)

RECOMMENDEDおすすめの記事