「可能な限りガソリン車を走らせない」ルイス・ハミルトンが環境保護の意向を発表

F1ドライバーのルイス・ハミルトンは最近、「可能な限りガソリン車を走らせない」という意向を明らかにした。これは、環境への懸念によるものだ。

「最近、私は環境への影響を減らすために、生活において多くの変更を加えています。可能な限り移動を減らし、可能な限り電気自動車を使用するようにしています。また、レーシングドライバーとしての立場を活かして、ポジティブで永続的な変更を実施したいと考えています。そのため、メルセデスと密接に協力していきます」

「日常生活の中で常に完璧になることは難しいですが、より良い方法を学び続けて、常に知識と知識を身に付けられるよう努めています。小さな一歩は大きな変化につながります。私にとって最後のステップは、このモータースポーツから離れて、世界を癒し、子供たちにより良い未来を提供することに全力を注ぐことです」



彼はラ フェラーリやラ フェラーリ アペルタ、フェラーリ 599 SA アペルタ、マクラーレンP1とパガーニ・ゾンダといったコレクションを現在所有している。また、プライベートジェットも所有していたが、それは売りに出したそうだ。これも、環境保全の一環である。

ガソリン車のコレクションを彼が販売するのかは明らかになっていないが、すべて売りに出す可能性は十分にあるだろう。今後のルイス・ハミルトンの動向に注目していきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事