斬新なコラボレーション!アストンマーティンが豪華な家を設計 600mの私道も含まれる?

S3 Architecture

アストンマーティンは、同社初となるSUVモデル DBXの生産を先日開始した。レーシングシミュレーターといった商品も発表している中で、今回は家を発表した。

今回発表された家は、DBXに合うよう設計されたものだ。マンハッタンから数時間離れた場所にあり、S3 Architectureと提携して建設された。この美しい作品に関わったデザインチームは、「田舎における新たなスタンダードを、健康とウェルネス、多機能な空間、持続可能性、贅沢、プライバシーを通して確立する」と述べている。



黒く塗られた杉によってシックな雰囲気が演出され、さらに床から天井までガラスを多用することで、自然な開放感が生みだしている。総面積は5,983平方フィートを占め、プール、ツリーハウス、および3つのゲストハウスを備えている。木、革、金属のすべての部分は、アストンマーティンのインテリアをモチーフに作られている。

この壮大な邸宅には、「オートラウンジ」と呼ばれる3台の車のガレージがある。暖炉の前に座って、コレクションを鑑賞することができるのだ。約609mの距離になる私道もあるため、思う存分車の性能を試すこともできる。



アストンマーティンは、ヘリコプターやスピードボートなどの高級アイテムでのコラボレーションで知られているが、これはブランドをまったく新しいレベルに引き上げる存在となるだろう。価格は約8億1000万円と発表されている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事