期間限定「世界のミクニ」が洋食レストランを丸ごとプロデュース

ホテルニューオータニ幕張では、東京・四ツ谷のフランス料理「オテル・ドゥ・ミクニ」のオーナーシェフ “世界のミクニ”こと三國清三氏プロデュースによる『現代の名工 三國清三の洋食紀行』を2020年10月31日(土)まで開催する。


■“世界のミクニ”が洋食レストランを丸ごとプロデュース

1985年に東京・四ツ谷のフランス料理「オテル・ドゥ・ミクニ」をオープンして35年。フランス料理界の巨匠とも呼ばれる三國清三シェフがこの秋、ホテルの洋食レストランである、オールデイダイニング『SATSUKI』を完全プロデュース。子供から大人まで、世代を問わず楽しめる、カレーライスやハンバーグ、海老フライに蟹クリームコロッケなど、いわゆる王道の洋食メニューを、三國シェフのこだわりを詰め込んだスペシャルバージョンで用意される。


■シェフの思い出が詰まった絶品ハンバーグ
北海道の増毛町で生まれ育った三國シェフが洋食デビューを果たしたのは15歳の頃。下宿先のお姉さんが夕食に作ってくれた「ハンバーグ」が生まれて初めての洋食でした。甘酸っぱいソースのかかったハンバーグの味が忘れられず、後に料理人になることを決めたという、三國シェフの原点とも言うべき「ハンバーグ」をランチ・ディナーともにご堪能いただける。


■フォアグラが丼に!“元祖フォアグラ丼”も登場
高級フランス料理には欠かせない「世界三大珍味」の一つである“フォアグラ”。今でこそ、ビストロなど、カジュアルなお店でも“フォアグラ”をご飯に載せた“フォアグラ丼”を出す店が増えているが、何といっても三國シェフが考案した“フォアグラ丼”こそが元祖。肉厚のフォアグラと旨みが溶けこんだ濃厚なソースを熱々のご飯にのせて味わうと、その相性はビックリするほど良く、まさに日仏融合のマリアージュをお楽しみいただける。


■販売概要
ホテルニューオータニ幕張
『現代の名工 三國清三の洋食紀行』
[期間]2020年10月31日(土)まで開催中
[場所]オールデイダイニング『SATSUKI』(1階)
[内容]ランチ 11:00~14:30 ¥4,000~ ディナー 17:00~21:00 ¥6,500~ ※税・サ別
[ご予約・お問合せ]TEL(043)299-1848(SATSUKI直通)
[メニュー等詳細は]https://www.newotani.co.jp/makuhari/restaurant/satsuki/mikuni/

RECOMMENDEDおすすめの記事