充実したカーライフを全力で応援 至極のネオクラシックコレクションが揃うショップ CLASICA

港北I.C.から5分ほど車を走らせると、ひと際目立つショップがある。どこか、80年代の"オールドファッション"を感じさせる看板を掲げた店内には、見事に磨かれた車が並んでいる。

ここは、70年代~90年代のクラシック・ネオクラシックカーを中心として販売しているショップ、CLASICAである。「旧車を安心・安全に100%楽しんで頂けるお店に」をコンセプトに、低走行車・修復歴無し車にこだわり整備の行き届いた車を提供することを目指している。「しっかり仕上げてから売る」ことに最も重点を置いており、仕入れた車両を現状売りではなく、購入した人がその後も安心して乗っていけるように、必ず細かいところまでメンテナンスを行い、販売をしているのだ。

旧車は維持をしていくのが難しいものだが、ここではピットも併設されているため、万が一のことがあっても安心である。サービス内容は幅広く、車検・点検整備・一般修理・レストアやセミレストアなども幅広く対応してもらえる。確かな技術のあるインテリア専門ファクトリー・エクステリア専門ファクトリーと連携しながら理想を仕上げてくれるが、その中で発生する時間や予算の問題など、細かい部分も気軽に相談に乗ってもらえる。



CLASICAで販売されているそのラインナップを見てみると、メルセデス・ベンツ 500SL、マセラティ・ビトゥルボ430、ソアラ 3000GT、フェアレディZ(S30型)、FC型サバンナRX-7、116型メルセデスベンツ、E32型BMWなどの国産・外車を問わず取り扱っている。

広いショールームには、ピットも併設されている。専任メカニックが常駐しているため、何かあっても安心。

1992年 メルセデスベンツ500E   走行距離はわずか4万2800kmで、ノーマルのままという大変貴重な車両である。塗装が薄れていたり目立った傷やへこみもなく、とても良いコンディションだという。価格:935万円(税込) 

1973年 S30型フェアレディZ 細部にまでこだわりフルレストアされている一台。オリジナルカラーのグランプリホワイトで全塗装されている。「かなり手をかけている渾身の一台」とのこと。価格:1580万円(税込)

1974年 ジャガー E-Type シリーズ 
ハンドルはウッドステアリングに変更し、限定150個のホーンボタンを装着している。外装は一部クラック、ブリスターがあるが、年代を考えれば十二分に綺麗だ。価格:1320万円(税込)


車に限らず、バイクも良いコンディションを保ちながら集めているため、ショールームにはバイクも並んでいる。国を問わず、バラエティに富んだ美しい車、バイクを見ることができ、展示会のような雰囲気さえ持っている空間だ。


また、"もっと全国の方々にクラシカ横浜へお越し頂きやすくするため"と現在「オータムキャンペーン1.5」を実施している。商談成約の方に、来店~納車までの1.5往復分の交通費をクラシカが全額負担するというサービスである。「購入を考えているけど、遠方だし実際に見て違った時に交通費が無駄になるのはちょっと・・・」と悩んでいる方にぜひ利用してみていただきたいもの。サービスの詳細はこちら

実際に訪れてみれば、車好きにとって非常に魅力的な、カーライフを全力で応援してくれるショップであることが分かっていただけるはずだ。一度、遊びにいってみていただきたい。


CLASICA
住所:神奈川県横浜市都筑区
仲町台4-19-18コンドレア横浜Ⅱ 1F
営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜
TEL:0120-77-2067
Mail:info@clasica.yokohama
HP:http://www.clasica.yokohama

RECOMMENDEDおすすめの記事