タグ・ホイヤーが、新作モナコにステンレススティール製ブレスレットを採用したモデルを発表

タグ・ホイヤーが「モナコ」コレクションより新作3モデルを発表する。

印象的な新作は、大胆なブラックダイヤルにサンレイ加工サテン仕上げを施したモデルと、1969年発売の初代モナコを彷彿とさせる、艶やかなブルーダイヤルにサンレイ加工サテン仕上げを施したモデルとなっている。両モデルともステンレススティール製ブレスレットを採用。3時位置と9時位置に印象的なホワイトスクエア型カウンター、中央には赤いクロノグラフ秒針を配している。(ブルーダイヤルは2021年1月発売予定) 



約20年ぶりに「タグ・ホイヤー モナコ」コレクションに採用されたこのブレスレットは、1970年代初めのモナコに使用されていたH字型のデザインに忠実に表現し、装着感も改善されたステンレススティール製。ブレスレットのラグはヘッドの重量を支えるために太くし、また手首に巻く部分は細くして装着感を高めた。

また、ブラックダイヤルのモデルには同じブラックのレザーストラップモデルも登場し、さらにコレクションを充実させる。

このモデルに搭載されているキャリバー ホイヤー02はサファイアクリスタルのケースバックから鑑賞でき、パワーリザーブは約80時間を誇る。このパワフルなムーブメントを携えた新作はタグ・ホイヤーがアイコニックなデザインと優れた自社技術を無理なく融合させる技量を有する証である。 



50年以上の時を経て、モナコはモダンな解釈を施しながらそのストーリーを紡いでいく。このアイコニックなタイムピースは、新作モデルが加わっても、常にタグ・ホイヤーのウォッチメイキングの精神を反映し、高級時計業界屈指のアヴァンギャルドなモデルという位置づけをさらに確固たるものにする。ブランド創立160周年と時を同じくしたこれらの新作モナコの登場により、タグ・ホイヤーはその歴史に新しい1章を綴り、同時にモナコを未来へと連れ出すこととなったのだ。


タグ・ホイヤー モナコ 77万5500円
商品ページはこちら

RECOMMENDEDおすすめの記事