「天才タマゴ」が海外でブームの予兆?「退屈しない一台」としてオークションに

carandbids

世界には様々なミニバンが存在するが、その中でも"退屈しない一台"として初代のトヨタ エスティマがアメリカでオークションに出品されていた。

初代エスティマといえば、卵をイメージさせる未来的なデザインを打ち出し、トヨタが付けた「天才タマゴ」というキャッチコピーが記憶に残っている方も多いだろう。技術的にもミニバンにとっては革新的な要素が多く取り入れられた。特に、エンジンを横に75度寝かせ、アンダーフロア型ミドシップレイアウトを採用したことは異例だった。2.4リッター 直列4気筒エンジンは138馬力を発揮する。駆動方式はMR、トランスミッションは5速MTである。後にV6に代わり、マニュアルトランスミッションも採用されなくなった。1994年のオプションとしてスーパーチャージャーも用意されている。



初代のエスティマは静粛性の低さや大きさの観点から、日本ではあまり良い評価を得なかったが現在海外では"リバイバル"しているようだ。今回オークションに出品されていた1993年のエスティマは、ワンオーナーで走行距離は6万8000マイルのみ。多少凹みはみられるが、事故歴もなく、インテリアも綺麗なまま。当時のオーナーズマニュアルなど書類一式も付属していた。ピラーが細く視界が広いことも再評価されている一因であろう。入札は19件で、落札価格は8100ドルとなった。





近年、このように日本車が海外のオークションに出品され、"おもしろい一台"として注目を集めるケースが非常に増えている。日本で見かけることも少なくなった日産フィガロも、最近ではイギリスでのオーナーズクラブがどんどんと大きくなっているほどのブームを巻き起こしている。これからさらに、日本車がどのように再評価されていくのか楽しみである。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事