アウディ RSモデルの誕生25周年を記念した世界限定モデル「RS 25 years」

Audi

1994年、初のアウディRSモデル Audi RS2 Avantがデビューし、RSモデルのサクセスストーリーが始まった。アウディのレースカーの開発などを手掛けるAudi Sport GmbH(かつてのquattro GmbH)によって開発、生産されるRSモデルは、モータースポーツとの深い関連性をもった高性能かつエクスクルーシブな仕様となっている。

2.9リッター V6ツインターボ、450ps/600Nmを発揮するエンジンを搭載するAudi RS 4 Avant、ならびにRS5 Coupé/Sportbackの今回のモデルチェンジでは、エクステリアデザインを大幅に刷新している。ボンネットの先端には往年のAudi quattroを彷彿とさせるスリットを備え、前後バンパーやエアインレット、サイドシルなどを専用デザインとすることで精悍さを向上させた。さらにRS4 Avantはフロントサイドがアコースティックガラス、RS5はマトリックスLEDヘッドライトを備えるレーザーライト、さらに、RS4/RS5両モデルともに、ヒーター付きのステアリングが新たに標準装備となる。



Audi R8のエッセンスを色濃く取り入れているAudi TTRS Coupéも、さらにダイナミックなスタイルに生まれ変わった。「インターナショナル エンジン オブ ザ イヤー」の2~2.5リッターカテゴリーにおいて、9年連続ベストエンジン賞に選出されている、最高出力400ps、最大トルク480Nmを発揮する、オールアルミ製の2.5リッター直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボエンジンは、さらに洗練を極めている。インテリアには、センタアームレストを標準装備。

限定モデル「RS4 Avant RS 25 years」および「RS5 Sportback RS 25 years」は、RS2 Avantへのオマージュとしてノガロブルー・パールエフェクトのボディカラーを採用。ブラックAudi rings、カラードブレーキキャリパーレッド、RSスポーツエグゾーストシステム、デコラティブパネルカーボン、カーボンエンジンカバーをはじめ、専用ロゴ付アルカンターラ/レザーシート(ブルーステッチ)、アルカンターラフラットボトムステアリング&シフトノブ、ブルーステッチ入りファインナッパレザーのドアアームレストとセンターコンソール、専用ロゴ付フロアマット、ブラックのウィンドウモールディング/ドアミラー/ルーフレール、マットアルミニウムルックサイドスカートなど、数々の特別装備を備えている。



限定モデル「TTRS Coupé RS 25 years」もノガロブルー・パールエフェクトのボディカラーを採用。専用ロゴ付アルカンターラ/レザーシート(ブルーステッチ)、ステアリングセンターマーカーブルー、エクステンデッドレザー、専用ロゴ&ブルーステッチ入りフロアマット、マットアルミニウムルックのサイドスカート/フロントブレード/リヤディフューザートリム、ブラックのドアミラー/リヤスポイラーマウント/リヤスポイラーサイドブレード、ブラックAudi rings、など数々の特別装備を採用。さらにカラードブレーキキャリパーレッド、デコラティブパネルカーボン、カーボンエンジンカバー、マトリクスLEDリヤライト、20インチアルミホイールや、コンフォートパッケージ、プライバシーガラス、Bang&Olufsenサウンドシステムといった快適装備などを追加している。

「RS 4 Avant RS 25 years」、「RS 5 Sportback RS 25 years」、「TTRS Coupé RS 25 years」は、世界限定モデルとして設定された仕様で、日本への割り当て台数は各35台となっている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事