オンラインで世界中から楽しむことができる!「グッドウッド・スピードウィーク」開催

グッドウッド・スピードウィークが10月16日~18日に開催される。

グッドウッドで開催される二大イベント"Festival of Speed"と"Revival"の要素を組み合わせたものとなる。前者は最新ハイパーカーがヒルクライムを行ったりする「モータースポーツの祭典」であり、後者はクラシックモデルが集まりモータースポーツ全盛期を再現するリバイバルイベントである。

今年はコロナウイルス感染症拡大対策の観点から無観客で実施される。オンラインで世界中へ配信されるかたちとなる。3日間を通して開催され、1923年までのマシンが対象となるレース“S.F. エッジトロフィー”や、1950年代のグランプリカー、1960年代のプロトタイプマシン、1970年代のツーリングカーなどが繰り広げるレースを見ることができる。初日は1970年代後半のグループ1ツーリングカーの"ジェリーマーシャルトロフィー"、土曜日は"スターリング・モス メモリアルトロフィー"、日曜日はポルシェの偉大なル・マンマシンたちのデモンストレーションが行われる。



また、FoSでシンボルとなる巨大なモニュメントの「未来のアイデア」をオンラインで募集。自分で描いた理想のモニュメントをハッシュタグ#SpeedWeekCentralFeatureをつけて公式インスタグラムやTwitterでシェアすれば、応募できるようになっている。

また、「バーチャルパドックパス」も実施。参戦する各クラスのパドックでバーチャルツアーを行なうというもの。これは現地にいてもなかなかじっくり楽しむことができる機会がない貴重なものだろう。エントリーリストには、アンドレ・ロッテラー、トム・クリステンセン、アンドリュー・ジョーダンなどのドライバーも名を連ねている。

ライブ配信視聴はこちらより可能で、無料となっている。どこからでも楽しむことができるグッドウッドを楽しんでいただきたい。

※スタートは日本時間10月16日 17:10~

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事