「世界最高のラグジュアリーセダン」ベントレー・フライングスパーにV8モデル登場

フライングスパーに新型のV8モデルが登場。ブランドの象徴とも言えるW12エンジンに加え、高い人気を誇るV8エンジンの追加により、ラインアップがさらに広がる。

この10年間でベントレーのカスタマーの動向は様変わりし、フライングスパーをショーファーカーとしてではなく、人を乗せて自らハンドルを握るためのドライバーズカーとして使用している方が大幅に増加した。アメリカと中国で実施された2件の顧客調査をはじめとする世界的な調査で、40%以上のユーザーが週に1度は後席に人を乗せて自ら運転するという結果が報告されている。こうした調査結果に基づき、新たな4‍ドアグランドツアラーの在り方をドライバー目線で見つめ直し、新型V8が誕生したのだ。贅沢な作りと最新テクノロジーとが織り成す極上のインテリア空間はもちろん健在である。

写真で見るフライングスパー V8


運転するための車として進化したフライングスパーV8は敏捷性が向上し、エンジンはこれまで以上に個性豊かなサウンドを響かせる。航続距離の延長に伴い、CO2排出量が削減されていることも大きな魅力。この車の心臓部はベントレーの4.0リッターV8ツインターボエンジンで、最高出力は550ps(404kW)。ツインスクロールターボの恩恵を活かし、2000rpmに達する直前に770Nmという最大トルクを発生する。



このV8エンジンでは燃費性能を最大限に引き出すため、エンジン低負荷時、つまりトルクが235Nm未満で、エンジン速度が3000rpm未満の場合、8気筒のうち4気筒が休止する。気筒休止は約20ミリ秒という瞬きの10分の1の時間で行われるため、乗員が気づくことはない。

スロットル開度が小さいときは、ダムに水を蓄えるかのように、ターボチャージャーが過給圧を蓄え、アクセルを踏み込むと即座にその過給圧を利用する。これによってスロットルレスポンスが格段に向上し、エンジンが持つポテンシャルが最大限に引き出される。シリンダーボア内部には応力と摩耗への耐性を高めるために、大気プラズマ溶射を用いて、丈夫でありながら、わずか150ミクロンの薄さの鉄の膜を生成しているのである。燃費が最大16%向上した結果、航続距離が延び、給油回数が減り、より環境に優しくなったことも、ユーザーにとって大きなメリットだろう。

W12モデルより100kg軽量なフライングスパーV8は、俊敏性と応答性が一段と向上し、V8ならではの走り味をもたらす。V8モデルには最新のパワートレインとシャシーが採用され、アダプティブエアサスペンション、トルクベクタリング・バイ・ブレーキ、ドライブダイナミクスコントロール、電動ステアリングなどが標準装備される。さらに軽快な走りを望む方には、ベントレーがいち早く採用した48V電動アクティブアンチロール技術(ベントレーダイナミックライド)や、エレクトロニックオールホイールステアリングの搭載をお勧めする。新型フライングスパーV8には4シート仕様と5シート仕様が用意されている。



エンジニアリング担当役員のマティアス・レイブ博士は次のようにコメント。「当社の調査結果やお客様のご意見、車の使用目的の変化などを踏まえて設計された新型フライングスパーV8は、ドライバーが求める性能を提供しつつ、豪華リムジンのような洗練性、快適性、最新技術で乗員をもてなします。フライングスパーシリーズは威風堂々としていながらも実に優雅な車です。ベントレー伝統のデザインが息づき、最高峰の職人技が注ぎ込まれ、本物の素材とディテールへのこだわりにあふれています。新型フライングスパーV8には最新のトライバーアシストシステムとインフォテインメントシステムも搭載され、どんなときも乗る人の安心安全とくつろぎのひとときをお約束します」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事