こんな車もあった!アストンマーティンが2001年につくった「2020年の車」

Aston Martin

アストンマーティンは、2001年に2020年をイメージしたコンセプトモデル"アストンマーティン 2020 コンセプト"を発表していた。 

2001年のジュネーヴ・モーターショーで発表された2020 コンセプトは、アストンマーティンの将来がどのようなものになるかを表現していた。当時アストンマーティンが作っていたのはDB7と第1世代のヴァンキッシュだけだったことを考えると、それは確かに未来的な創造物に見えただろう。デザインを手掛けたのはイタルデザインのジョルジェット・ジウジアーロである。フロントグリルの横には、GIUGIAROと付けられているのも印象的だ。

多少攻撃的な雰囲気ではあるが、縁取りされているようにシルバーが入れられていることによって、特徴的な見た目になっているだろう。ボンネットの下には500bhpを発揮する6.0リッター V12エンジンを搭載し、アルミニウムシャシーの上にカーボンのボディパネルを備えた実用的なプロトタイプだった。モックアップだけで終わってしまうコンセプモデルが多い中で、これは実際に走ることができたのである。 



タルガスタイルのソフトトップは、フロントガラスとロールバーの間に収納できるようになっている。また、2人乗りのように見えるが、リアにも子供が座れるくらいのスペースはあったそう。



それまで、アストンマーティンはコンセプトモデルをほとんど生み出していなかったため、2020を発表したことはひとつの大きな出来事ではあっただろう。現在はヴァルキリーなど2020コンセプトよりはるかに進化したモデルを作っていることを考えると、実際に2020年を想定していたかは不明である。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事