700㎰を誇るポルシェのフラッグシップモデル E-ハイブリッドモデルの予約受注開始

Porsche AG

ポルシェジャパンは、514kW(700㎰)、870Nmを誇るフラグシップモデル「新型パナメーラターボS E-ハイブリッド」と「新型パナメーラ4 E-ハイブリッド」の予約受注を日本全国のポルシェ正規販売で開始した。

完全に刷新された製品ラインの中で最もパワフルなパナメーラターボS E-ハイブリッドは、420kW(571ps)の4リッターV8ツインターボエンジンと100kW(136ps)の電気モーターを組み合わせている。17.9kWhの新しいバッテリーと最適化されたドライビングモードによって、電気駆動のみによる航続距離がWLTP準拠による計測で最大30%延長された。これは、新しいパナメーラ4 E-ハイブリッドにも当てはまる。先代と同じ243kW(330ps)の2.9リッターV6ツインターボエンジンがエレクトリックシステムによって補完され、340kW(462ps)のシステム出力を発生する。



ポルシェは、直近に発表された412kW(560ps)のシステム出力を備えるパナメーラ4S E-ハイブリッドとあわせて、3つのパナメーラプラグインハイブリッドモデルをラインナップし、体系的にE-パフォーマンス戦略を拡張している。ドライブアーキテクチャーの中心となる100kW(136ps)の出力と400Nmのトルクを発生するエレクトリックシステムは8速デュアルクラッチトランスミッション(PDK)に統合され、各エンジンとの組み合わせで卓越した走行性能をもたらす。



420kW(571ps)の4リッターV8ツインターボエンジンを搭載したパナメーラターボS E-ハイブリッドは、標準装備のスポーツクロノパッケージを使用すると0-100km/h加速タイムは先代を0.2秒上回る3.2秒をマークし、最高速度は先代を5km/h上回る315km/hに達する。パナメーラ4E-ハイブリッドは、静止状態からわずか4.4秒(-0.2秒)で100km/hまで加速し、280km/h(+2km/h)で最高速度になる。




高電圧バッテリーの総容量は、最適化されたセルの使用によって14.1kWhから17.9kWhに増加し、ドライビングモードはより効率的なエネルギー利用に適合されている。パナメーラターボS E-ハイブリッドは、WLTP EAER Cityモードで最大50km(NEDC:最大59km)の電気駆動のみによる航続距離を備え、パナメーラ4E-ハイブリッドは、WLTP EAER Cityモードで最大56km(NEDC:最大64km)をバッテリーのみで走行する。ポルシェプラグインハイブリッドモデルは、標準の家庭用コンセントまたは電源ソケットを介して自宅で充電可能。標準装備のポルシェモバイルチャージャーを使用するとき、モデルに応じて7.2kWの充電容量が得られる。



パナメーラターボS E-ハイブリッドの新設計されたフロントエンドは、デュアルC形ターボ フロントライトモジュールと、大型サイドエアインテークによって差別化されている。改良されたリアライトバーは、フォルムを適合したラゲッジコンパートメントリッド上をシームレスにつなぐ。オプションには、ダイナミック “カミング/リービングホーム” アニメーションを備えたエクスクルーシブデザイン ティンテッドテールライトモジュール、3種類の新しい20/21インチ ホイール、2色の新しいエクステリアカラー(チェリー メタリックとトリュフブラウン メタリック)が含まれる。

ライフスタイルに合った一台を取り入れていただきたい。


パナメーラ4 E-ハイブリッド 8速PDK 15,280,000円
パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ8速PDK 15,750,000円
パナメーラターボS E-ハイブリッド 8速PDK 29,730,000円

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事