「シトロエンってどこの国のクルマ…?」そんな女性にこそ知ってもらいたい、シトロエンの「心地よさ」

Octane Japan

シトロエンといえば真っ先に思い浮かぶキーワードは「コンフォート」。乗り心地の快適性は他に類を見ない。デザインだってオシャレで素敵だ。しかし、ふと思ったことがある。自動車メディアに20年以上身を置く私はシトロエンについての知識はそれなりに持っている(つもりだ)。昨年はシトロエン100周年を記念した本も編集しているし、「魔法の絨毯」「ハイドロ」という言葉も知っているし、ブランドロゴの由来だって説明できる。でも、フランスでは大衆車として一般的なこのブランドがもつ魅力は、日本の「一般的な」人、特に女性たちにはどのぐらい浸透しているのだろう?と。

「一般的な」女性の意見を聞いてみるべく、私(属性:40代女性、夫と中学生の息子+大型犬の3人&1頭暮らし)のまわりの「車にあまり詳しくないママ友」たち25名ほどに簡単なアンケートをお願いした。その結果、彼女たちの「シトロエンのイメージは?」という質問への回答は以下のようなものだった。

「おしゃれ」「デザインがいい」「いつかは乗ってみたい!と思えるハイセンスな憧れの車」「個性派」ふむふむ。「輸入車のなかでは庶民的なイメージ」「堅実なイメージ」なるほど。「エンジンかけると(?)フワッと浮く車!だったよね?」そうそう。「フランスのよく壊れる車?」「なんだかわかんないけど、手におえなさそう」「未来の車」…といった具合に、ある程度の印象をもつ人がいる一方で、「あまり知らない」「三角印?馴染みがない」「どこの国の車かな?」「フランスの車なのは知っていた」「たしか文字の上に点々が乗っていたっけ…」「外車… 高そう…」「名前を初めて聞いて検索しました」という回答もちらほらと見受けられた。



私の周囲には「車に詳しいパパ友」はたくさんいて、シトロエンの快適性を絶賛し、ファミリーカーとしての適性も認識している人が多いのは確固たる事実。それに対して「車に詳しくないママ友」たちからの上記回答はある意味とても新鮮なものだった。

ファミリーカーを選ぶときに、女性の意見がとても重要だというのは周知のことだ。男性諸氏が奥様にプレゼンテーションしている姿も想像するに難くない。では、家族思いの女性たちはファミリーカーを選ぶにあたっていったい何を判断材料にしているのだろうか。シトロエンは選択肢に入っているのだろうか?上記のヒアリング結果から類推すると、もしかするとシトロエンは選択肢にすら入っていない可能性もあるかもしれない。そう思うと、私としては「もったいない」という感想が先にたってしまう。

文・写真:オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事